千葉 船橋 甘味処 美松|うまいもの大好き 千葉 船橋 甘味処 美松|うまいもの大好き|うまいもの大好き

千葉 船橋 甘味処 美松

2017/9/10
千葉 船橋 甘味処 美松

外観

千葉 船橋 美松 外観

お店は船橋駅南口から徒歩5分ほどの飲み屋街にあり、一本路地裏を入ったところにあります。

外観は街の定食屋さんといった趣です。

店内

千葉 船橋 美松 店内

店内はいかにも定食屋さんといった雰囲気で、時間が止まったようなノスタルジーさえ漂わせています。

座席は、4人掛けテーブルが2組、2人掛けのテーブルが4組、カウンター3席ほどで小じんまりとしています。

メニュー

千葉 船橋 美松 メニュー

メニューはいかにも定食屋さんといった感じで、種類も豊富です。

驚くのは価格でラーメン単品は500円という安さです。

甘味処ということで、ちゃんとあんみつなんかの甘味もちゃんとありました。

セットメニュー

千葉 船橋 美松 セットメニュー

おすすめメニューはやはりラーメンのようで、セットでも700円という価格は驚きです。

おでんメニュー

千葉 船橋 美松 おでんメニュー

おでんも種類が豊富で15種類あります。こちらも1個80円均一と安いです。

おつまみ

千葉 船橋 美松 お通し

来店時は夏のような陽気だったので、昼からビールを注文しました。

おつまみにそら豆を揚げたものが出てきました。既製品でしょうけど、良い塩加減はビールにはちょうどいい感じです。

おでん

千葉 船橋 美松 おでん

せっかくだからということで、おでんも注文しました。

頼んだのは、ちくわぶ、はんぺん、たまご、すじ2つです。

面白いのは「すじ」です。おでんですじと言ったら、牛すじを想像していましたが、千葉周辺で「すじ」と言えば魚のすり身のことらしく、柔らかくジャガイモのようなホクホクとした食感と魚の風味が、おでんの優しい味に溶け込んで美味しいです!

ラーメン

千葉 船橋 美松 ばか麺特製ラーメン

船橋在住の友人にすすめられ「ばか麺特製ラーメン 700円」を注文しました。

ボリューム的にはそれほど多くはない感じです。

具材は桜海老、たまご、アサリ、チャーシュー、シナチク、海苔、ネギと特製というだけあって豪華な盛り合わせです。

名前は船橋で厄払いや豊漁を祈願するお祭り「ばか面おどり」に由来するそうです。

千葉 船橋 美松 あさり

一番驚いたのはアサリです!蛤が貝ごとはいった海鮮ラーメンは食べたことありますが、あさりが入っているのは初めてです。

こちらのあさりは濃い目に煮込まれているので、あっさりスープのニュアンスとしては良い感じです。

千葉 船橋 美松 干し海老

もうひとつの驚きは桜海老です。

桜海老といってもワタシが知っているものよりひと回り大きめで、カリカリと味も食感も香ばしく、海鮮風に引き立ててくれているので美味しいです。

シナチクは細めのものでシャキシャキと歯ごたえある感じです。

たまごはおでんのものを使用しているようで、味が染み込んいるのでこちらも良い感じです。

海苔は普通のものかと思いきや、船橋で有名な「三番瀬」という干潟で取れたものを使用しているそうです。

千葉 船橋 美松 チャーシュー

チャーシューは薄めのものが2枚入っていました。

柔らかく、丁寧に作られているようでスープに良く合って美味しかったです。

千葉 船橋 美松 麺

麺は業務用の普通の中細麺です。ラーメン専門店ではないので、茹で加減もコシも懐かしい感じです。

千葉 船橋 美松 スープ

スープはかなりあっさりしており、鶏系のような味です。

調べてみると、豚骨、鶏ガラ、鶏モミジなどから出汁を取った甘味処らしからぬスープらしく、さっぱりしていて美味しいです!

レビュー

普通の甘味処と思いきや、さすがは地元在住の友人がすすめるだけあって、ばか麺特製ラーメンはなんとも港町船橋らしいご当地ラーメンでした。

海苔や貝類などが豊富な三番瀬という干潟があることなど、東京からそう遠くない船橋の街中で東京湾の恵みに会え、ほっこりとするような女主人、お店の雰囲気と合わせて、船橋市民に愛されるお店なんだと感じることができました。

「また来ます!」

関連動画

千葉 船橋 甘味処 美松 の詳細

  • 住所:千葉県船橋市本町4-43-17
  • 営業時間:11:30~20:00
  • 定休日:木曜
  • ※ 掲載している情報は記事投稿時のものになりますので、必ず御自身で御確認をお願い致します。

関連商品

トップページへ