和菓子

茨城 水戸 木村屋本店

茨城 水戸 木村屋本店 中身

茨城の水戸にある和菓子のお店「木村屋本店」さんに実際に行って実食したレビューを掲載しています。

Published on: 2017/03/13 update: 2021/04/30
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、店舗の休業や営業時間の変更、イベントの延期・中止など、掲載内容と異なる場合がございます。事前に最新情報のご確認をお願いいたします。
お店へお邪魔する際はマスクの着用やアルコール消毒等、お店が提示するルールに御協力をお願いたします。
人気商品ご紹介

外観

茨城 水戸 木村屋本店 外観

お店は水戸駅の北口から偕楽園方面に歩いて、「中央郵便局」交差点の近くにあります。

外観からも老舗という雰囲気が溢れ出ていて期待感が高まります。

店内

茨城 水戸 木村屋本店 店内

雰囲気ある店内に入ると、ガラスケースの中に和菓子がズラーッと並んでいます。あまりに種類が多いのでどれにしようか迷ってしまいます。

撮影現場

雰囲気ある店内は、第二回本屋大賞を受賞した「夜のピクニック」を2006年にヒロインの貴子役を多部未華子さんで、長澤雅彦監督で映画化され、DVD「ピクニックの準備・ひみつ(美和子編)」(夜のピクニックの前日を描いたショートフィルムズ)では木村屋本店さんが撮影場所として使われたくらいです。

購入品

今回は、有名な水戸名物の「水戸の梅 100円✕4つ」と季節柄の「桜餅 160円✕2つ」に「梅羊羹 1150円」をそれぞれ購入しました。

茨城 水戸 木村屋本店 包み紙

家に戻り包み紙を見ると和菓子は生ものなので、しっかり賞味期限のシールが貼ってありました。

茨城 水戸 木村屋本店 梅羊羹

梅羊羹です。大きさは一般的な羊羹と同じくらいでどっしりとしています。キレイなピンク色に染まっています。

茨城 水戸 木村屋本店 梅羊羹

ひと口サイズに切って食べてみると、羊羹らしいしっかりとした味わいとほのかな梅の味が感じられますが、もう少し梅の味が強くてもいいのかなぁという印象です。

茨城 水戸 木村屋本店 桜餅

こちらは桜餅ですが、羊羹同様にキレイなピンク色で美味しそうです。

味はというと、こし餡のやわらかな甘さと桜の葉が甘酸っぱく漬けられていて、口の中で交わると非常に美味しいです!

茨城 水戸 木村屋本店 水戸の梅

最後は水戸の梅ですが、一見すると大きな甘納豆という感じなのですが、食べてみるとこし餡を包み込むようにシソの葉が巻かれ、桜餅と同じように口の中に頬張ると、ほどよいこし餡の甘さと、やはり甘酸っぱく漬けられた紫蘇の葉がいい感じに広がりとても美味しいです。

レビュー

 

万延元年(1860)創業で、水戸を代表する老舗和菓子店だという木村屋さんですが、和菓子の味はさすがだなぁという印象です。

こちらのお店の餡は、どれも基本こし餡のようですが、やはり和菓子屋さんの餡は一般的な餡とは違い、甘すぎずほどよい甘みが非常に美味しいです。

水戸にお越しの際は、お店を覗いてみてはいかがでしょうか?

 

「また来ます!」

人気商品ご紹介

あなたにオススメの記事

店舗情報
茨城 水戸 木村屋本店
茨城 水戸 木村屋本店 中身

茨城の水戸にある和菓子のお店「木村屋本店」さんに実際に行って実食したレビューを掲載しています。

  • 【住所】茨城県水戸市南町1-2-21
  • 【営業時間】9:00~19:00(土祝祭日18:30まで)
  • 【定休日】日曜日
  • ※ 掲載している情報は記事投稿時のものになります。お店のリンクを掲載しておきますので、必ず御自身で御確認をお願い致します。
食べログ hotpeppar yelp Retty
公式リンク
同じカテゴリーの記事
Back to top
umaimono daisuki All Rights Reserved.
ver 3.4