ラーメン

埼玉 狭山 ジャンクガレッジ 狭山店

埼玉の狭山にあるつけ麺の有名店六厘舎系列でガッツリ・コッテリのラーメンとまぜそばが食べられるお店「ジャンクガレッジ 狭山店」さんに実際に行って実食したレビューを掲載しています。

Published on: 2018/01/25 update: 2021/01/17
埼玉 狭山 ジャンクガレッジ 狭山店|豚マシマシまぜそば
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、店舗の休業や営業時間の変更、イベントの延期・中止など、掲載内容と異なる場合がございます。事前に最新情報のご確認をお願いいたします。
お店へお邪魔する際はマスクの着用やアルコール消毒等、お店が提示するルールに御協力をお願いたします。

外観

埼玉 狭山 ジャンクガレッジ 狭山店|外観

お店は国道16号から「イオン」を所沢方面に坂を上り、狭山市役所を越えた「富士見一丁目」交差点すぐ、ヤマダ電機とゲオがくっついた店舗の駐車場内にあります。

最寄りの駅は西武新宿線「狭山市」駅になります。徒歩だと10分くらいと少し離れています。

目印&駐車場

埼玉 狭山 ジャンクガレッジ 狭山店|看板

車での来店も多いかと思いますが、大きな看板と目立つ外観なので、すぐに分かるかと思います。

埼玉 狭山 ジャンクガレッジ 狭山店|駐車場

駐車場は共有のようで、50台は軽く置けると思われるので心配いりません。

店内

埼玉 狭山 ジャンクガレッジ 狭山店|店内

店内はアメリカンカジュアル風に小綺麗で清潔感があります。

座席はカウンター席が12席ほど、4人掛けのカウンターテーブルが2組で、全20席前後くらいです。

券売機

埼玉 狭山 ジャンクガレッジ 狭山店|券売機

店内に入るとすぐの場所に券売機があります。

メニュー表も掛かっていましたが、事前に決めておいたほうが無難かと思います。

メニューは麺類のみで餃子やライスは無さそうです。価格は基本の「ラーメン700円」、「まぜそば770円」で大盛り、倍盛りと量が変わるようです。トッピングが多いのも特徴でした。

無料トッピング

埼玉 狭山 ジャンクガレッジ 狭山店|無料トッピング

ラーメン、まぜそばとも券売機で購入できる有料トッピングの他に、無料トッピングがあります。

どれも注文時にトッピングされている具材のようなので、量の増減サービスみたいです。

せっかくなので「全部マシマシ」でお願いしました!

まぜそば

埼玉 狭山 ジャンクガレッジ 狭山店|豚マシマシまぜそば

ジャンクガレッジさんの看板メニュー「まぜそば 小豚増し 全部マシマシ 大盛 990円」です。

何ともボリューム感のある大きな器でやってまいりました。

埼玉 狭山 ジャンクガレッジ 狭山店|チャーシュー

トッピングの中で一番目立つのがチャーシューです。後ろにはチーズも1枚ありました。

小豚増しなので、2枚入っていますが迫力のサイズ感です。

埼玉 狭山 ジャンクガレッジ 狭山店|チャーシュー

たまたまなのかも知れませんが、かなり厚めの角チャーシューが入っていました。

味は少しパサパサ感が強くジューシーさが足りていないので、作り置きなのかなぁという感じですが、味はサッパリしているので食べやすいです。

埼玉 狭山 ジャンクガレッジ 狭山店|トッピング

他にもフライドガーリックや削り節でしょうか? 中央には半熟タマゴも鎮座しています。

埼玉 狭山 ジャンクガレッジ 狭山店|トッピング

ニンニクやベビースター、海老マヨなどさまざまな種類のトッピングが入っています。

埼玉 狭山 ジャンクガレッジ 狭山店|麺

ボリュームはかなりあります。大盛りなので1.5倍くらいにはなっているのでしょうけど、300gくらいはあろうかと思われます。

麺は平打ち太麺なので、コシを期待しましたが拍子抜けですが、ボッそりしているわけではなくモッチリに近いです。あまりにも簡単に噛み切れるので納得することに。

※まぜそばは混ぜた後が、見るに耐えない汚さなので食べる前の写真のみ掲載します。

レビュー

実はジャンクガレッジさんはずっと行きたいお店の1つでした。「まぜそば」自体が好きで噂を聞いていました。

感想として、最初の印象は悪くないです。ベビースターや海老マヨなど面白いトッピングで食感も味も楽しめました。

特に良かったのが意外にもチーズです。麺の温度でしっかり溶けたチーズが麺に絡まり、卵の黄身と混ざり合うとまるでカルボナーラのようで、底にたまった汁との兼ね合いも良かったです。

食べ終わりにかけては、ニンニクを増したのが失敗だったのか、チーズが無くなった途端に辛味が増し、口の中がニンニク臭一辺に。これでは午後からの仕事はムリだなぁ〜という感じです。

トッピングが多いだけあって、各個人の好みが非常に出ますし、そこに到達すると化ける可能性は感じます。つけ麺の超有名店「六厘舎」系列で期待が大きかっただけに、チェーン化の弊害でしょうか、麺やチャーシューといったパーツのクォリティは残念です。

無料トッピングやボリューム感はあるので、ガッツリ・コッテリ好きにはたまらないかも知れません。

「また来ます」

同じカテゴリーの記事

PAGETOP
umaimono daisuki All Rights Reserved.
ver 3.1