ラーメン

東京 羽村 上を向いていこう

東京の羽村市街にあり本格的な豚骨ラーメンが食べられるお店「上を向いていこう」さんに実際にお邪魔して実食したレビューを掲載しています。

Published on: 2021/10/13 update: 2021/10/13
味玉とんこつ|東京 羽村 上を向いていこう
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、店舗の休業や営業時間の変更、イベントの延期・中止など、掲載内容と異なる場合がございます。事前に最新情報のご確認をお願いいたします。
お店へお邪魔する際はマスクの着用やアルコール消毒等、お店が提示するルールに御協力をお願いたします。

外観

外観|東京 羽村 上を向いていこう

お店は国道16号から羽村街道を羽村市街方面に入って1kmほどの場所にあります。

徒歩での場合はJR青梅線の羽村駅から徒歩約20分と遠めです。

外観が黄色の看板で非常に目立っていますのですぐに分かるかと思います。

駐車場

駐車場|東京 羽村 上を向いていこう

郊外型のラーメン屋さんなのでちゃんと駐車場がありました。

通りを挟んだセブンイレブンの横に4台ほど置けるそうです。

詳細は ZATSUさんのブログで地図画像を見ることができます。

店内

店内|東京 羽村 上を向いていこう

店内はそれほど広くない少し古めかしいラーメン屋さんの雰囲気です。

席はカウンター4席とテーブル16席で全20席とそこそこの広さです。

メニュー・券売機

券売機|東京 羽村 上を向いていこう

店内・外にメニューらしきものはありませんでした。

入ってすぐの場所にある券売機でのみメニューを確認することができます。

メニュー|東京 羽村 上を向いていこう

ラーメンはとんこつラーメン、塩、味噌、つけ麺の3種類が基本のようです。

とんこつラーメンには「ふつう」と「おもめ」の2種類があります。

ラーメン以外にはトッピングとごはん類などがあります。

ビュッフェ

ビュッフェ|東京 羽村 上を向いていこう

店内のお冷などはセルフサービスになります。

ビュッフェと呼ばれるコーナーが設置されており、紅生姜、ごま、揚げネギなどを取ることができました。

ねぎめし

ねぎめし|東京 羽村 上を向いていこう

「ねぎめし 280円」です。

ご飯の上に味の付いた白髪ねぎがのせてあります。

味付けも何味かも分からなくてご飯も全然美味しくなかったです。

味玉とんこつ

味玉とんこつ|東京 羽村 上を向いていこう

「味玉とんこつ 800円」、「キクラゲ 120円」です。

味玉|東京 羽村 上を向いていこう

味玉はそれほど濃く味付けされていないゆで卵っぽい感じです。

中身はちゃんと半熟で良かったです。

チャーシュー|東京 羽村 上を向いていこう

チャーシューは柔らか食感のものが1枚入っています。

味付けはほぼされておらずスープの味を壊すことなく良かったです。

きくらげ|東京 羽村 上を向いていこう

追加トッピングのキクラゲです。

かなりボリュームがあって少し幅広に切られてシコシコ食感が美味しかったです。

麺|東京 羽村 上を向いていこう

麺は注文時に普通麺、細麺、細麺(赤玉)の3種類から選ぶことができます。

細かい茹で加減も注文できるのもとんこつラーメンならではです。

初めてなのでとんこつラーメン定番の細麺をチョイスしました。

麺はバリカタで注文しましたが、コシというよりも口溶け感のある細麺でした。

スープ|東京 羽村 上を向いていこう

スープは「ふつう」を注文しましたが、かなり濃厚なとんこつスープです。

とんこつ好きにはたまらないこってり感が美味しいです。

豚骨スープに醤油を混ぜて甘みと塩っぱさを出していました。

替玉

赤玉|東京 羽村 上を向いていこう

平日にお邪魔したのですが、ランチタイムは1玉替玉サービスということなので赤玉で替玉しました。

レビュー

豚骨ラーメン大好きなのですが、最近は非常に扱うお店が少なくなって危惧しているので、貴重なお店が比較的近所にあったのでお邪魔してみました。

ラーメンは麺、スープ、チャーシューなど基本的な味は美味しいレベルにちゃんとあるかと思いますし、特にスープは豚骨ラーメンとして好きな部類でしたが、スープの最後に感じてしまう雑味や舌ざわりなどが非常に気になりました。

味はそこそこなのですが、メニューやサービスの提示が分かりづらいなどトータル的なオペレーションでかなり勿体ない印象です。

「また来ます!!」

同じカテゴリーの記事

PAGETOP
umaimono daisuki All Rights Reserved.
ver 3.1