和菓子

東京 荻窪 御菓子司 亀屋

Published on: 2018/06/20 update: 2021/01/26
東京 荻窪 亀屋|カフェオレ大福

東京の荻窪にあるどら焼きが人気で、カフェオレ大福は女子に大人気の和菓子があるお店「御菓子司 亀屋」さんに実際に行って実食したレビューを掲載しています。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、店舗の休業や営業時間の変更、イベントの延期・中止など、掲載内容と異なる場合がございます。事前に最新情報のご確認をお願いいたします。
お店へお邪魔する際はマスクの着用やアルコール消毒等、お店が提示するルールに御協力をお願いたします。

外観

東京 荻窪 亀屋|外観

お店はJR中央線の荻窪駅北口から新青梅街道を吉祥寺方面に向かい、徒歩7〜8分ほどの杉並公会堂の隣にあります。

外観は街にありそうな和菓子屋さんという印象です。

店内

東京 荻窪 亀屋|店内2

店内は一般的な和菓子屋さんくらいで、広くもなく狭くもない感じです。

どことなく和モダンの感じで、落ち着いた印象を受けます。

東京 荻窪 亀屋|店内3

ショーケースにはお餅や饅頭などが並べられています。

東京 荻窪 亀屋|店内

種類は多くもなく、少なくもないといった感じです。

価格はどれも高いという感じではなく、1個2〜300円くらいで買える感じです。

栗どら焼き

東京 荻窪 亀屋|栗どら焼き包装

初めての来店だったので、人気商品の「栗どら焼き 200円」を購入しました。

東京 荻窪 亀屋|栗どら焼き

値段のわりにはボリューム感があり、食べごたえがありました。

東京 荻窪 亀屋|栗どら焼き

薄っぺらいどら焼きではなく、厚めになっています。

皮はシットリというよりは、ボソボソという食感で、和三盆糖を使用しているそうです。

東京 荻窪 亀屋|栗どら焼き

中には大きめな甘露煮栗が入っています。

能登産大納言を使用したつぶ餡は甘さ強めで、シットリと舌に纏わるような食感です。

カフェオレ大福

東京 荻窪 亀屋|カフェオレ大福

とても人気がある商品だということで「カフェオレ大福 160円」を購入してみました。

カフェオレ大福は冷凍されているので、購入後30分ほど置いてから食べるのが良いそうです。

※中身の写真を撮りたかったのですが、キレイではなかったので文字での説明になります。

大福の皮は柔らかく、冷凍が溶けた感じは「雪見大福」のような食感です。

中にはコーヒー風味の餡と生クリームが入っており、口の中で見事にカフェオレにとなり美味しいです!

レビュー

グルメな友人と食べ歩いている時に、友人のオススメということで商品を購入することになりました。

栗どら焼きに関しては、どら焼きの有名店などと比べると、皮や餡は一般的ですが、価格のわりにはボリューム感があり、安定的な味でした。

カフェオレ大福は、最初は「えっ!?」という感じで「1人なら購入しないのでは」という印象でした。しかし食べた瞬間の驚き、洋菓子のようでしっかりと和菓子感もあり、味の面白さや、それを実現するだけの技術に関心させられました。

カフェオレ大福は、話のネタや万人受けするくらいの味の高さがあるので、お土産などや日常使いには重宝するかと思うので、近くに来た際にはお試しあれ!

「また!来ます!」

東京 荻窪 御菓子司 亀屋の詳細

店舗情報
東京 荻窪 御菓子司 亀屋
  • 【住所】東京都杉並区上荻1-24-23
  • 【営業時間】10:00~20:00
  • 【定休日】火曜日(祝日の場合は営業)
  • ※ 掲載している情報は記事投稿時のものになります。お店のリンクを掲載しておきますので、必ず御自身で御確認をお願い致します。
食べログ hotpeppar yelp Retty Facebook

関連リンク

関連動画

同じカテゴリーの記事

PAGETOP
umaimono daisuki All Rights Reserved.
ver 2.4