登きわ木|熱海 本家 ときわぎ

【熱海 本家 ときわぎ】1918年創業! 京都の宮大工が建てた店舗の熱海にある老舗羊羹屋

熱海市街にあり創業100年以上の老舗和菓子店「熱海 本家 ときわぎ」さんに食べ歩きに行ってきました。

Published on: 2024/04/15

熱海銀座商店街

熱海銀座商店街|熱海 本家 ときわぎ

JR熱海駅から徒歩10分ほど海側に歩いたところにある熱海銀座商店街にお店はあります。

熱海銀座商店街の詳細はこちらから

外観

外観|熱海 本家 ときわぎ

商店街の駅よりの交差点近くにあり、歴史を感じさせる宮造りの店舗が目印です。

店舗は、第2次世界大戦後間もない1947年に、京都から宮大工を呼び寄せて作ったそうです。

正式な店名は「常盤木」と表記するそうですが、創業者が「屋号はわかりやすいことが大切と考え」、平仮名で表記するようになったそうです。

駐車場

店舗に専用の駐車場はありませんが、熱海はコインパーキングが点在していますので、そちらを利用してください。

近くの駐車場を探すなら2週間前~利用直前まで、スマホ・PCで簡単予約ができる 駐車場予約なら「タイムズのB」 がオススメです。

店内

店内|熱海 本家 ときわぎ

店内も外観同様に宮大工による小組格天井などの装飾を見ることができます。

日本画家の大家「横山大観」が贔屓にしていたこともあり、店内には貴重な品々が飾られています。

ショーケース|熱海 本家 ときわぎ

ガラスケースには商品が並べられ、和菓子をみることができます。

和菓子は、羊羹、餅、最中などが売られています。

登きわ木

登きわ木|熱海 本家 ときわぎ

羊羹を自然乾燥させ、手軽に食べられるようにしたお菓子です。

パッケージには、明治30年より6年間「読売新聞」「新小説」に断続的に掲載され、熱海を舞台にした尾崎紅葉の小説「金色夜叉」の主人公、「貫一お宮」が描かれています。

登きわ木|熱海 本家 ときわぎ

羊羹は全部で6本入っていて、表面はシットリとしているので、包丁などで簡単に切ることができます。

左3つの黒いのが通常の羊羹、緑色は抹茶、ピンク色は梅、黄色は柚子となっています。

柚子は12〜4月の季節限定なので、通年同じ内容ではないのかも知れません。

登きわ木|熱海 本家 ときわぎ

羊羹は空気に触れると独特な乾燥状態が起こり、表面は糖分の結晶で覆われています。

外は砂糖菓子のような独特な食感で、中はしっとりと2つの食感を楽しむことができます。

中国の砂糖菓子「山査子(さんざし)」のようで、ほど良い甘みがクセになります。

あとがき

ときわぎさんの創業は1918年と100年以上の歴史があり、熱海の中でも老舗店舗となっています。

和菓子は創業時より手法を変えず、厳選した国産の寒天、小豆、もち米、抹茶、柚子、梅、きな粉などを使い、保存料は使用しておりません。

店舗前には、同じ店名の常盤木羊羹店總本店さんがあり、創業者も同じですが大人の事情で全くの別店舗とのことです。

有名観光地にて本物の味に出会える、数少ない店舗の1つであることに間違いないので、散策がてら立派な店舗の見学を兼ねて、お土産を購入されてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい

静岡県で食べ歩きに行ったお店
年間200軒以上を食べ歩く「うまいもの大好き」が静岡県で過去に食べ歩きしたお店をご紹介するページです。
静岡県で食べ歩きに行ったお店

和菓子関連記事

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。※メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


グルメ雑誌の最新刊

dancyu
おとなの週末
東京カレンダー
食楽

店舗情報

【熱海 本家 ときわぎ】1918年創業! 京都の宮大工が建てた店舗の熱海にある老舗羊羹屋
3.7

    地図

    ※店名などによりGooglemapが正確に表示できない場合がございます。こちらから別画面で正確な位置が確認できるかと思います。

    店舗詳細

    住所
    静岡県熱海市銀座町14番1号
    営業時間
    09:30 - 17:30
    定休日
    水・木曜日
    ※ 掲載している情報は記事投稿時に食べログを参考にしたものになります。SNSなどの各種リンクを掲載しておきますので、必ず御自身での御確認をお願い致します。

    公式サイト

    熱海 本家 ときわぎ
    熱海銀座にて創業百年。伝統の製法の「羊かん」をご提供いたします。天然の素材、四季折々の気配、温度と湿度、熱海にゆかりの 文人たちにも愛された、古式ゆかしい手仕事の和菓子をどうぞ。
    銀座商店街|スポット | 【公式】熱海の観光サイト あたみニュース
    かつて熱海の中心部として多くの観光客でにぎわった熱海の銀座通り。商店街の入り口交差点角には、1975年まで銀行として営業していた建物を利用した熱海商工会議所があります。重厚でレトロな建物は当時の風情を…
    ※リンク先の設定によりタイトルなどが表示されない場合がございます。

    その他の掲載サイト

    • 食べログ
    • Retty(レッティー)
    • トリップアドバイザー
    • Facebook
    • twitter
    • Instagram
    • じゃらん

    関連動画

    umaimono daisuki All Rights Reserved.
    ver 4.2.6