洋食

東京 吉祥寺 挽肉と米

Published on: 2021/04/17 update: 2021/04/17
東京 吉祥寺 挽肉と米|ハンバーグ

東京の吉祥寺駅近くにあり美味しいハンバーグとお米が食べられる予約が取れないお店「挽肉と米」さんに実際に行って実食したレビューを掲載しています。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、店舗の休業や営業時間の変更、イベントの延期・中止など、掲載内容と異なる場合がございます。事前に最新情報のご確認をお願いいたします。
お店へお邪魔する際はマスクの着用やアルコール消毒等、お店が提示するルールに御協力をお願いたします。
人気商品ご紹介

外観

東京 吉祥寺 挽肉と米|外観

お店はJR中央線の吉祥寺駅の北口から徒歩5分ほどの場所にあります。

東京 吉祥寺 挽肉と米|看板

古民家を改築したような佇まいで派手な看板などはありません。

入店方法

東京 吉祥寺 挽肉と米|整理券

基本、朝の9時から記帳を店舗前にておこないますが、記帳待ちのお客様が多い場合は8:30開始だったりマチマチとのこと。

記帳をして希望の飲食時間で予約を取って整理券をもらいます。

予約した時間にお店に行き入店となります。

来店したのは平日ですが、8時20分には約15人待ちで記帳を終えた9時頃には20人ほどの行列ができていました。

入店方法の詳細は 挽き肉と米の公式 Instagramにてご確認ください。

店内

東京 吉祥寺 挽肉と米|店内

店内はモダンな感じのする今風の作りで大きなサークル上のカウンターが2組ありました。

席はカウンターのみで全20席の完全予約制になります。

券売機

東京 吉祥寺 挽肉と米|券売機

入店してすぐに券売機で食券を購入します。

メニューは基本1種類でそれ以外に日替わりのお惣菜、ドリンク、追加のハンバーグとシンプルです。

ドリンク

東京 吉祥寺 挽肉と米|ドリンク

「瀬戸田丸ごとレモンサワー 650円」と「高知の生姜エール 600円」です。

どちらも味にこだわりを感じられるスッキリとした味でした。

スナックおかんのおばんざい

東京 吉祥寺 挽肉と米|ポテトサラダ

「スナックおかんのおばんざい 500円」です。

日替わりのおばんざいのようで訪問した時はポテトサラダでした。

味はまろやかで安っぽさがなくブラックペッパーが効いた大人のポテサラでした。

席周り

東京 吉祥寺 挽肉と米|収納

カウンター席の引き出しにはお皿やお箸などの必要なものが入っています。

東京 吉祥寺 挽肉と米|説明書

引き出しの中には卓上調味料や無料のお惣菜の説明書が入っています。

東京 吉祥寺 挽肉と米|調味料

カウンターの上にはご飯のおかずやハンバーグの調味料としてさまざまな食材が用意されています。

東京 吉祥寺 挽肉と米|白菜と食べる醤油

白菜の梅酢漬けと食べる醤油です。

食べる醤油はギュッと濃縮された味がご飯のおかずに美味しかったです。

挽き肉と米ハンバーグ

東京 吉祥寺 挽肉と米|キッチン

「挽き肉と米ハンバーグ 1500円」です。

料理内容は90gのハンバーグ3個とご飯、味噌汁、生玉子が付きます。

カウンターの中央にある炭火焼きの網でハンバーグ、大きな羽釜でご飯が提供されます。

東京 吉祥寺 挽肉と米|ご飯と味噌汁

ご飯は宮城県産のブランド米で羽釜炊きだけありお米の柔らかさ、甘さが良く出ていて美味しいです。

お味噌汁も薄味ながらしっかりとした味が美味しかったです。

東京 吉祥寺 挽肉と米|炭火台

ハンバーグは中央で焼かれた後、席前にある炭火台で冷えないように保温されます。

1つ90gのハンバーグなのでわりとペロリと食べれますがトータル270gとなるとボリューム的な満足度がありました。

東京 吉祥寺 挽肉と米|ハンバーグ

ハンバーグは合挽きで比率は6:4くらいの割合でしょうか。

牛と豚のイイトコどりという感じの味で美味しいです。

東京 吉祥寺 挽肉と米|ポン酢と大根おろし

ハンバーグは食べ進める頃合いを見計らって炭火台に提供されます。

2個目のときには大根おろしと自家製ポン酢が提供されます。

ポン酢の酸味と大きめに刻まれた大根のバランスが良かったです。

東京 吉祥寺 挽肉と米|生玉子

料理には生玉子1個が付いてきます。

カウンターの後側に置いてあるので自分のタイミングで取りに行きます。

東京 吉祥寺 挽肉と米|ハンバーグ

もちろんハンバーグと合わせて夢のようなコラボをすることもできます。

レビュー

友人から食べ歩きのお誘いを受け、吉祥寺周辺を食べ歩いた際にお邪魔しました。お店は予約困難、人気のお店とあって近所に住んでいる友人の熱意もあり入店することができました。

店名の通り、ハンバーグとお米がメインのお店ですが、ハンバーグ、お米ともに美味しさが十分伝わってきますし、調味料やドリンクなどのセンスが非常に高いので人気の高さも伺えます。

お店の提供システムとして調理が比較的容易なハンバーグ、お米を炊く、味噌汁を作るに絞り、回転の早いお客さんで利益率も高いというビジネスモデルは非常に面白いと思います。

「絶対!!また来ます!!」

東京 吉祥寺 挽肉と米の詳細

店舗情報
東京 吉祥寺 挽肉と米
  • 【住所】東京都武蔵野市吉祥寺本町2-8-3
  • 【営業時間】昼:11:00~15:00(売り切れ次第終了) 夜:17:00~21:00(売り切れ次第終了)
  • 【定休日】定休日無し
  • ※ 掲載している情報は記事投稿時のものになります。お店のリンクを掲載しておきますので、必ず御自身で御確認をお願い致します。
食べログ ぐるなび yelp Retty Facebook Twitter

同じカテゴリーの記事

PAGETOP
umaimono daisuki All Rights Reserved.