外観

外観|東京 高田馬場 渡なべ

お店はJR山手線、西武新宿線の高田馬場駅から早稲田通りを早稲田方面に向かい、一本路地に入った住宅街にあります。

外観はひっそりとした感じとして、ラーメン屋さんぽくない落ち着いた感じです。

看板|東京 高田馬場 渡なべ

周囲への配慮なのか、唯一店名が分かるのも小さな看板と隠れ家和食屋さんみたいです。

店内

店内|東京 高田馬場 渡なべ

店内はカウンターのみ8席とかなりこじんまりした印象です。

作りてとの距離が近いので見ていて面白いです。

券売機|東京 高田馬場 渡なべ

注文は店内入ってすぐの券売機で食券を購入します。

メニューはらーめんとつけめんの2種類にトッピングです。

曜日限定など頻繁に限定ラーメンを出されているのも特徴です。

味玉ちゃーしゅーめん

味玉ちゃーしゅーめん|東京 高田馬場 渡なべ

トッピング全部のせを注文しました。

キレイな器は福岡県の小石原焼という器だそうです。

葱|東京 高田馬場 渡なべ

葱は青ネギと白髪ねぎの2種類です。

濃いめのスープのアクセントとしてかなり効いていました。

メンマ|東京 高田馬場 渡なべ

メンマは超極太で大きめに切られたものが3つほど。

とろけるくらいに煮込まれて噛みしめるたびにジューシーさが伝わってきます。

味玉|東京 高田馬場 渡なべ

味玉はかなり大きなLサイズくらいです。

表面の色はほのかな茶色くらいです。

味玉|東京 高田馬場 渡なべ

中身はキレイな半熟でした。

出汁感のある漬け込みで、ご飯が欲しくなるような美味しさでした。

チャーシュー|東京 高田馬場 渡なべ

チャーシューはバラ肉で脂身とのバランスも悪くありません。

サイズがかなり大きく器との兼ね合いで食べづらかったですwww

麺|東京 高田馬場 渡なべ

麺は中細くらいのほぼストレート麺です。

小麦にかなり良いものを使用しているのか味が良いです。

食感も喉越しも良くスープとのバランス感も良かったです。

スープ|東京 高田馬場 渡なべ

スープは濃厚魚介豚骨とのこと。

舌触りにとろみがあり、ドロっとしているけども口の中に残らない口溶けの良さです。

魚介のインパクトがかなりあり、その奥に芳醇なコクを感じることができます。

レビュー

オーナーはラーメンコンサルタントでカップラーメンなどのプロデュースも手掛ける渡辺樹庵さん。ラーメン好きでこの名前を知らない人はいないほど。

開店直後から行列など話題も絶えず、ラーメンのパイオニアでアイコン的な存在でもあります。

お店はひっそりとした隠れ家的な雰囲気で、席も8席と空間を楽しむ感じもあり、器などにこだわるのも納得です。

ラーメン自体の味も魚介系が氾濫する中でも異色で頭出ている感じです。

「絶対!!!また来ます!!!」

関連リンク

※リンク先の設定によりタイトルなどが表示されない場合がございます。

関連動画

レストランの予約なら

プロフィール

 うまいもの大好き
【旅行系食べ歩きブロガー うまいもの大好き・プロフィール】
日本全国のさまざまな場所を、実際に食べ歩いて、食事の内容や店舗の駐車場など、食べ歩きに役立つ情報を掲載している、情報グルメサイトです。訪問してブログに掲載された店舗数は1000軒以上!!

検索