濃密昆布水つけ麺(白)|中華蕎麦 あお木

無化調で自家製麺に出汁を駆使した一杯! 高崎にある中華蕎麦あお木

高崎市街にあり厳選素材を無化調で自家製麺をつかったラーメン店「中華蕎麦 あお木」さんに食べ歩きに行ってきました。

最終更新: 2024/05/27 公開: 2024/05/13

店舗情報

店名
中華蕎麦 あお木
住所
群馬県高崎市高砂町244-1
営業時間
月・水・木・金・土 10:30 - 14:00 火 18:00 - 20:00
定休日
日曜日
※店名はGoogleMapで正確に表示するため正式名称に地名が追加されている場合があります。※掲載している情報は記事投稿時に食べログを参考にしたものになります。SNSなどの各種リンクを掲載しておきますので、必ず御自身での御確認をお願い致します。

店舗所在地

※店名などによりGooglemapが正確に表示できない場合がございます。こちらから別画面で正確な位置が確認できるかと思います。

その他の掲載サイト

  • 食べログ
  • 一休
  • OZMALL(オズモール)
  • Retty(レッティー)
  • Facebook
  • twitter
  • Instagram
  • じゃらん

外観

外観|中華蕎麦 あお木

JR信越本線の高崎駅と北高崎駅のちょうど中間地点にあり、目印は上越新幹線の高架近くになります。

車で来店する場合、お店に地図で行こうとすると、線路をアンダーパスで通り抜けてしまうので、側道からでないと辿り着くことができません。

駐車場

駐車場|中華蕎麦 あお木

店舗専用の駐車場がアンダーパスを高架で通り抜けた、ビジネスホテルSUNさんの裏側になります。

車で来店される場合、こちらのホテルを目指した方が分かりやすいです。

駐車場|中華蕎麦 あお木

周辺にはホテルや月極の駐車場がありますが、細い道を入った看板が設置された場所になので、間違わないようにご注意を。

全部で14台置くことができますが、人気店なので開店直後からほぼ満車状態でした。

店内

店内|中華蕎麦 あお木

白を基調にしたカウンターのみで、キッチンなども非常に清潔感が保たれていました。

満席時には、店内、入口含めて10席弱の椅子が用意されていました。

席はカウンター席のみ13席となっています。

券売機・メニュー

券売機|中華蕎麦 あお木

注文は入店時に店内券売機で食券を購入しますが、メニューなどは特にありませんでした。

つけ麺は、通常盛りと大盛りがあり、それぞれに白・黒・茶の3種類、他に季節限定などもありました。

ラーメンは白・黒醤油、煮干し、中華そばの4種類です。

麺類に追加トッピングなどはなく、和え玉が3種類提供されています。

サイドメニューとしてご飯ものとして、つくね丼、焼豚丼など5種類となっています。

昭和の中華そば

昭和の中華そば|中華蕎麦 あお木

メニューの中で一番シンプルだと思われるラーメンになります。

メニューに追加トッピングが無いのは、全部のせトッピングのようなボリューム感がありました。

つくね|中華蕎麦 あお木

鶏つくねが2玉のせられています。(追加トッピングではなく通常トッピングです。)

鶏の繊細な味がしっかりと感じられ、丁寧な作り込みを実感できます。

チャーシュー|中華蕎麦 あお木

チャーシューは中華料理などで見かける、紅く色付いたものです。

つかわれている部位は豚肩なのか、しっかりと肉感と旨味があり、シットリとした食感でジューシーさもバツグンです。

ラーメン・麺|中華蕎麦 あお木

麺は自家製の中太縮れ麺がつかわれています。

モチモチとした食感もありつつ、細く感じるほどの絶妙な厚みで、喉越しも良く感じられます。

ラーメンスープ|中華蕎麦 あお木

スープは「昭和の中華そば」というだけあり、懐かしい感じの色合いです。

ベースは鶏のような動物系に、生姜が効いたようなキリッとした味で、飽きることなく最後まで美味しいです。

濃密昆布水つけ麺

濃密昆布水つけ麺(白)|中華蕎麦 あお木

来店客の多くが注文する、人気がある濃密昆布水つけ麺です。

つけ麺トッピング|中華蕎麦 あお木

つけ麺には小鉢に入ったトッピングが付いてきます。

塩と柚子胡椒は、麺に直接付けて食べるためのもので、かぼすは麺にかけて味変のようにしてつかいます。

味玉、つくね、チャーシューはラーメンと共通のトッピングになっています。

トッピングは、つけ汁に浸して食べても良いのですが、どれもがそのまま食べても十分過ぎる美味しさがあり、とくに味玉は出汁感が好きでした。

つけ汁|中華蕎麦 あお木

3種類ある味の中から(白)を選びました。

つけ汁は黄色く澄んだ色合いで、一見するとオリーブオイルのような感じです。

最初は白醤油の強めの塩気を感じますが、麺と合わせるとスッと消えるように馴染んでいきます。

オイリーな見た目ですが、和の風味で出汁感も堪能できます。

つけ麺・麺|中華蕎麦 あお木

麺は中太ほどの平打ち麺で、表面にはわずかながら全粒粉のような粒を見ることができます。

丼には昆布から抽出された昆布水に浸かった状態で提供されます。

昆布水はネバネバと麺にまとわりつきつつ、つけ汁とのバランスが取られ、完成するように計算されているようです。

モッチリ感のある柔軟性と、胃までスッと落ちて消えるような繊細さを感じます。

和え玉

和え玉|中華蕎麦 あお木

券売機では、全部で3種類の麺が提供されていますが、訪問時は縮れ麺のみの提供となっていました。

刻みチャーシュー、紫玉葱、削り節、底にはタレが敷かれています。

混ぜ合わせると、「あお木流和風パスタ」を思わせるような、完成度の高さでボリューム感も良いです。

あとがき

店主さんの修行先などは不明ですが、2014年に高崎市飯塚町にオープンし、その後、現在の場所に移転されています。

食べてみて、どの具材も完成度が高いことが印象に一番残っています。味玉、チャーシュー、スープ、麺と、どのパーツ1つ1つが丁寧に作り込まれ、味に繊細さがあります。

追加トッピングをあえて設定しないのも、一杯の中にちゃんと完成形があり、食べた人がちゃんと満足するボリュームもあるためでしょう。

カウンター越しに気軽に話してくれた店主さんは、人柄も非常に優しく、料理は「人」を実感する一杯となりました。

この記事を書いた人
 うまいもの大好き|食べ歩きブログ

サイト管理・編集をしているWEBデザイナー・ブロガーのうまいもの大好きです。

全国各地を年間200軒ほど食べ歩き、飲食店の魅力を発信・共有できればと思っています。

あわせて読みたい

群馬県で食べ歩きしたお店の一覧
年間200軒以上を食べ歩く「うまいもの大好き」が、群馬県で過去に食べ歩きしたお店をご紹介するページです。
群馬県で食べ歩きしたお店の一覧

こちらもオススメ

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。※メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

グルメ雑誌の最新刊

dancyu
おとなの週末
東京カレンダー
食楽
umaimono daisuki All Rights Reserved.
ver 4.2.6