せいろそば|そば舎 あお
3.4

【そば舎 あお】オシャレな店内でまったり時間! 元古道具屋店長が営む飯能の蕎麦屋

飯能市街にあり元古道具屋の店長が営むオシャレ空間の蕎麦屋「そば舎 あお」さんに食べ歩きに行ってきました。

最終更新: 2024/04/19 公開: 2024/04/19

店舗情報

店名
そば舎 あお
住所
埼玉県飯能市小久保275-4
営業時間
11:30~売切れ次第終了
定休日
火曜・水曜
※店名はGoogleMapで正確に表示するため正式名称に地名が追加されている場合があります。※掲載している情報は記事投稿時に食べログを参考にしたものになります。SNSなどの各種リンクを掲載しておきますので、必ず御自身での御確認をお願い致します。

店舗所在地

※店名などによりGooglemapが正確に表示できない場合がございます。こちらから別画面で正確な位置が確認できるかと思います。

その他の掲載サイト

  • 食べログ
  • ぐるなび
  • OZMALL(オズモール)
  • Retty(レッティー)
  • Facebook

外観

外観|そば舎 あお

国道299号線を入間市から飯能市方面へ向かい、県道30号に入りムーミンバレーパーク方面に向かう途中にあります。

青く塗られた外観ですが、大通りから一本入った場所なので、普通に走っていたら分からなそうです。

駐車場

駐車場|そば舎 あお

郊外型の店舗なので、大きめな砂利の駐車場が店舗裏にありました。

全部で10台ほどは置けそうですが、開店直後にはほぼ満車になる盛況ぶりでした。

店内

店内|そば舎 あお

古民家をリフォームして、木の温もりを感じられるような作りで、古い時計や小物などがいたるところに飾られています。

入店の際は、入口で靴を脱ぐ小上がりなので、遊びに来たようなホッコリ感もあります。

女性店主が1人で営んでいるので、お水や蕎麦湯などはセルフサービスです。

店内満席の場合は、入り口にある伝票に名前を書いて待ちます。

キッチン|そば舎 あお

席からはキッチンの様子を伺うことができます。

道具や器など、小さいものからラックなどの置き場まで、随所にこだわり感が詰まっています。

メニュー

メニュー|そば舎 あお

蕎麦は辛味大根やきのこ、とろろなど、全部で7〜8種類ほどとなっています。

一品料理はピクルスとプリンのみとなっています。

メニュー|そば舎 あお

メニューの裏はドリンクメニューになっています。

2時からはカフェとして営業されているようで、コーヒーやプリンなども提供しているようです。

お通し

お通し|そば舎 あお

料理を注文すると、サービスで2つの小鉢が運ばれてきました。

1つは青菜とおからで作られたポテトサラダのようなもの、もう1つはだし巻き玉子です。

どちらも味はそれほど付けられておらず、素材を活かした自然な風味です。

自家製ピクルス

自家製ピクルス|そば舎 あお

具材はキュウリ、カブ、白菜、ピクルスなどです。

けっこう大きめな器に盛り付けられていて、2〜3人でも十分食べられそうボリュームです。

自家製ピクルス|そば舎 あお

キュウリ以外は、比較的浅めに漬け込まれている感じで、野菜のシャキシャキとした歯ごたえが残っています。

強烈な酸味があるので、お酒のおつまみとしては合いそうですが、そのままだと味の深みが弱い印象です。

せいろそば

せいろそば|そば舎 あお

料理が運ばれてきましたが、見た目のセンスを非常に感じ、雰囲気感があります。

そば汁|そば舎 あお

蕎麦汁は濃い色で、香りがしっかりとありました。

返しと出汁感があり、蕎麦を美味しくさせてくれる汁で、蕎麦湯として飲んでも美味しかったです。

蕎麦|そば舎 あお

蕎麦の表面には黒い星を見つけることができるので、外殻もつかって打たれているようです。

断面は四角に近く、噛みしめた印象としては、歯ごたえを感じハード系の食感です。

二八で打たれているようで、蕎麦の香りはそれほど強くはありませんが、喉越しの良さが際立ちます。

あとがき

オープンは2016年。もともと古道具屋で店長をしていたという経歴をもつ女性店主が営む蕎麦屋さんです。

外観、店内を含め、自ら集めた骨董などをつかい、オシャレで開放的な飯能らしい空間に仕上がっています。蕎麦は一茶庵という足利にあり片倉康雄が開いたそば教室に卒業生としての名前が書かれていたので、こちらで学ばれたようです。

自家製ピクルスの作りや、蕎麦そのものは二八らしい喉越し重視など、随所にこだわり感がありました。

この記事を書いた人
 うまいもの大好き|食べ歩きブログ

サイト管理・編集をしているWEBデザイナー・ブロガーのうまいもの大好きです。

全国各地を年間200軒ほど食べ歩き、飲食店の魅力を発信・共有できればと思っています。

こちらもオススメ

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。※メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

グルメ雑誌の最新刊

dancyu
おとなの週末
東京カレンダー
食楽
umaimono daisuki All Rights Reserved.
ver 4.2.6