東京 奥多摩 丹三郎

東京 奥多摩 丹三郎|せいろ
Published on: 2015/05/06 update: 2021/01/31

東京の奥多摩にあるお蕎麦が美味しく雰囲気の良いお店「丹三郎」さんに実際に行って実食したレビューを掲載しています。

外観

東京 奥多摩 丹三郎|外観

お店は青梅市街から奥多摩方面に走り御岳山の入口を少し過ぎたあたりです。

入口の門構えは東京都の選定歴史建造物にもなっている丹三郎屋敷長屋門があります。

奥多摩の自然と相まって初めて来たお客さんはきっと期待に胸弾むはずです。

東京 奥多摩 丹三郎|外観

店の外観も古民家を改築した造りで風情はかなりありますのでロケーションという意味では最高レベルです。

庭もキレイに整っていて店内から見える風景はもう「日本の原風景」そのものという趣です。

店内

東京 奥多摩 丹三郎|店内

店内は左右で分かれていて普段はあまり通されない団体(法事等でよく使われている)の座敷へ案内されました。

初夏の陽気を思わせる今年のGWの強い直射日光を遮るすだれがあり、奥多摩の森から吹く風が気持ち良く、風通しのいい場所となっていました。

先付け

東京 奥多摩 丹三郎|先付け

席につくとお茶とともに決まって煮付けが出てきます。

これは出汁を取ったかつお節の削りかすを甘辛く煮たような物で美味しいです。

メニュー

東京 奥多摩 丹三郎|メニュー

注文は決まって「天せいろセット 2000円」を頼みます。

セットの内容は「そばがき」、「そば」、「天ぷら」、「そば菓子」で、ひと通り丹三郎の味を堪能できます。

初めて来るのであれば少々高めですが丹三郎を堪能するなら絶対オススメします!!

定番メニュー以外でも季節ものや地のものが天ぷらなどで食べられるのも非常に嬉しいところです。

天ぷら

東京 奥多摩 丹三郎|筍の天ぷら

「たけのこの天ぷら 600円」です。

抹茶塩で食べるため天つゆはありませんでした。

天ぷらがとても絶品です!!。理由はゴマ油で揚げているので香りがよく非常にカリッと揚がっています。

衣は薄めですが食材にはほどよく火が通っており食材の美味さをしっかりと引き出されています。

東京 奥多摩 丹三郎|タラの芽の天ぷら

「たらの芽の天ぷら 600円」です。

あまりの量の多さにびっくりしてしまいました。

芽だけでなく6本ほどもありますがたけのこもたらの芽も独特のエグみが全くないのも今朝裏山で採れた新鮮そのものだそうです。

東京 奥多摩 丹三郎|天ぷら

こちらコースの天ぷらです。

ゴマ油で揚げてカリッと仕上がっており季節により食材が多少変わってくるので来る度に変化を楽しめて四季を感じられます。

いつも天ぷらには小さな魚があるので「この魚はなんですか?」と聞くとなんと「鮎の稚魚(稚鮎)」とのことです。

キレイな川の代名詞を惜しげも無く稚魚の段階で天ぷら出してしまっているのだから(ネットで調べているとやはり鮮度が保てないので高級魚だそうです)

そばがき

東京 奥多摩 丹三郎|そばがき

コースのそばがきです。

そばがきはそばを打ってなければ出すことができないのは当然ですが手打ちそばのお店でもやっているところは非常に少ないです。

丹三郎さんのそばがきは絶品です。茹でたてのホクホク状態の柔らかなそばにカツオがよく効いた少し辛めの出汁と風味豊かなかつお節、ネギで食べます。

せいろ

東京 奥多摩 丹三郎|せいろ

せいろそばです。そばは細めなので一見すると緩そうなそばですがとてもコシが強く喉越しも良いです。

配合の割合は分からないのですがそばの風味も強く量も一般的なそば屋より多く200g〜250gくらいでしょうか。

一般女性や小食な男性であればお腹を満たすにはこれだけで十分な量です。

蕎麦アイス

東京 奥多摩 丹三郎|蕎麦アイス

コースの最後は「そばアイス」です。

自家製っぽい素朴感とさっぱりとした味にそばが練り込まれて上品な味わいになっています。

そばぜんざい

東京 奥多摩 丹三郎|そばぜんざい

コースのデザートは蕎麦餅、そば饅頭、蕎麦アイス、そばぜんざいと4種類から注文時に選べるのだが、どれも美味いのでお好みでいいと思います。

芸能人の色紙

東京 奥多摩 丹三郎|サイン色紙

店内には有名人の色紙も多くあり、テレビや雑誌で度々紹介されているのも納得です。

青梅の入り口で四季を感じられる趣のあるそば屋にて絶品のそばを食せるのは嬉しいです。

レビュー

店名は丹三郎という頑固親父がやっているのかと思いきや地名だそうです(笑)店員さんは皆さん丁寧・親切で優しいです。(最初は、店名のため何度も行こうか迷っていた小心者のわたしです)

丹三郎は「天ぷら」、「そばがき」、「そば」の3つをオススメします。特に天ぷらは専門店くらい素晴らしいです。ゴマ油を使っているのは専門店以外では知らないのでかなりのこだわりを感じますし、決して安い材料ではないのでお店の努力を非常に感じ取ることができます。

「絶対!!また来ます!!」

再来店

東京 奥多摩 丹三郎|丹三郎屋敷長屋門

はじめての来店から3ヶ月置きくらいにお邪魔しておりましたがここ半年振りに久々の来店となりました。

夏場などにお邪魔する機会が多いのですが冬場はまだ梅も咲いていないので少し寂しい感じです。

冬の時期は客足はまばらだそうですが念のため予約を取りましたが、案の定、12時を過ぎた頃には満席でした。

東京 奥多摩 丹三郎|外観

お店の茅葺きが改修工事中らしいのですが営業はいつも通りです。

暖簾もリニューアルされたようで「むむむ」っという感じです。

東京 奥多摩 丹三郎|店内(冬)

店内も少しリニューアルされたのでしょうか?障子などがキレイになっていました。

丹三郎さんでは冬場はこたつで食事を楽しむことができるのも雰囲気があって好きです。

東京 奥多摩 丹三郎|手ぬぐい

お手拭きは手ぬぐいなので和の雰囲気を随所に感じさせてくれます。

東京 奥多摩 丹三郎|そばがき

注文は「天せいろセット 2200円」です。

やはり丹三郎さんのそばがきは絶品!美味い!

東京 奥多摩 丹三郎|天ぷら

セットの天ぷらも季節によって変わります。

今回はカボチャに春菊、レンコン、海老に鮎の稚魚です。

天ぷらの美味しさも変わらずで鮎の稚魚は大振りでした。

鮎の稚魚は大きさで味がかなり変わることが分かりました。

東京 奥多摩 丹三郎|せいろ

蕎麦の美味さも変わらずです。

濃いめの蕎麦つゆに負けないくらいのコシの強さが美味しいです。

東京 奥多摩 丹三郎|いちごアイス

セットの締めくくりの蕎麦菓子は「いちごアイス」をチョイス。

手作り感が残る感じが素朴ながらで美味しいです。

暖簾が変わって「大丈夫かな?」と一瞬焦りましたが、味も素材も変わってなくて一安心です。

今度はコースを食べてみたいものです。

「絶対!!また来ます!!!」

東京 奥多摩 丹三郎の詳細

店舗情報
東京 奥多摩 丹三郎
  • 【住所】東京都西多摩郡奥多摩町丹三郎260
  • 【営業時間】11:30~15:00 ※但し仕込み分売切れ次第終了。 ※15:00以降の席は早めのご予約にて承ります。
  • 【定休日】毎月1日、11日、21日、31日 (1のつく日)
  • ※ 掲載している情報は記事投稿時のものになりますので、必ず御自身で御確認をお願い致します。
Facebook 食べログ yelp Retty hotpeppar ぐるなび

関連リンク

関連動画

同じカテゴリーの記事

東京 浅草 並木藪蕎麦|うまいもの大好き
東京 浅草 並木藪蕎麦
東京の浅草雷門から近い場所にあり漫画「美味しんぼ」にも登場したことがあり江戸蕎麦を代表し創業1913年の老舗お
東京 吉祥寺 神田まつや 吉祥寺店|おろしそば
東京 吉祥寺 神田まつや 吉祥寺店
東京の吉祥寺にある東急百貨店のレストラン街にあり神田で蕎麦が有名な「まつや」さんの支店「神田まつや 吉祥寺店」
東京 両国 江戸蕎麦ほそ川|蕎麦
東京 両国 江戸蕎麦ほそ川
東京の両国駅近くにありミシュランにも認められたお蕎麦のお店「江戸蕎麦ほそ川」さんに実際に行って実食したレビュー
東京 神田 こんごう庵 神保町店|へぎそば
東京 神田 こんごう庵 神保町店
東京の神田神保町にあり新潟名物の料理やへぎそばが食べられるお店「こんごう庵 神保町店」さんに実際に行って実食し
埼玉 北本 蕎麦 阿き津|揚げ蕎麦がき
埼玉 北本 蕎麦 阿き津
埼玉の北本市にある落ち着いた雰囲気の隠れ家的なお店で美味しい蕎麦が食べられる【蕎麦 阿き津】さんに実際に行って
PAGETOP
umaimono daisuki All Rights Reserved.