かき揚げそば|そば処 大吉田

【そば処 大吉田】リニューアル後すぐ! 蕎麦屋と居酒屋を昼夜で楽しめる西新橋の立ち食いそば屋

都営三田線の内幸町駅近くの西新橋エリアにあり、本格的なお蕎麦がコスパ良く食べられる「そば処 大吉田」さんに食べ歩きでお邪魔しました。

Published on: 2024/02/15

外観

外観|そば処 大吉田

都営地下鉄三田線、東京メトロ虎ノ門駅などから徒歩5分ほどの、飲食街が立ち並ぶ西新橋エリアにあります。

真っ白な垂れ幕がたくさん掛かっているので、地味でも目立つ感じです。

店内

店内|そば処 大吉田

2023年の11月にリニューアルしたそうで、昼は秋田県の冷やがけそば発祥「弥助そば」直営の蕎麦店、夜は千歳盛酒造直営による居酒屋という二毛作だそうです。

コの字カウンターに座って食事をとることができ、注文と同時に支払いの前料金制でした。

席はカウンターのみで全23席となっています。

メニュー

メニュー|そば処 大吉田

蕎麦は、冷たいもの、温かいものそれぞれがあり、おろし、天ぷら、月見(玉子)などがありました。

サイドメニューはおいなりさんやおにぎり、丼などのご飯もの、それとそばを合わせたセット物です。

かなり細かく分類されたメニューで、慣れていないと注文が大変そうです。

かき揚げそば

かき揚げそば|そば処 大吉田

ド定番のかき揚げだけをシンプルにのせた温かいおそばです。

かき揚げは丼からハミ出て、そば汁がほぼ見えないほどの大きめなサイズ感です。

かき揚げ|そば処 大吉田

かなり凹凸が見えるというか、空気感のあるかき揚げなので、サクサクとした食感が非常に特徴的です。

具材は野菜や海老など種類は多めで、かなり細かく刻まれています。

常温なので揚げ置きだと思われますが、油っぽさも全くありませんでした。

そば汁|そば処 大吉田

そば汁は、関東風の黒い汁よりも、関西風に近いような黄金色です。

魚介系の出汁がつかわれているためか、甘さよりも塩気があるそば汁です。

かき揚げが、そば汁に溶け込み、衣の風味と合わさった感じで、塩気の中に丸みが出ていました。

そば|そば処 大吉田

そばは黒に近いような色合いで、手打ち蕎麦のような形状ではなく平らな麺でした。

柔らかい食感ながら、噛んだ時には独特の弾力があり、全体的にはモチっとした印象です。

店内で乾麺が売られていたので、もしかすると、それをつかっていたのかも知れません。

あとがき

お店を調べる際、立ち食いそば手帳 名店120や、立ち食いそば大図鑑のような書籍を通じて、お店を知ることも多く、こちらの大吉田さんもその一軒です。

ただ、文中にも書きましたが、2023年11月にリニューアルされたそうで、以前の様子とはかなり違うようで、注文した際に以前のお店のメニューを伝えてしまい、変な空気になるのも当然のことです。

おそばも、なかなかの味わいがあり、かき揚げやそば汁なども、普段から食べ慣れているような味や手法とは異なる感じで、面白さと好奇心をそそられる食事となりました。

グルメ雑誌の最新刊

dancyu
おとなの週末
東京カレンダー
食楽
umaimono daisuki All Rights Reserved.
ver 4.2.4