厚肉玉そば|豊しま 春日店

【豊しま 春日店】立ち食いレベルを超えた! 絶品厚肉が見事な小石川の立ち食い蕎麦屋

都営三田線の春日駅近くにあり、立ち食いレベルを超えた厚肉が食べられる立ち食いそば屋「豊しま 春日店店」さんに食べ歩きでお邪魔しました。

Published on: 2024/02/14

外観

外観|豊しま 春日店

都営地下鉄三田線もしくは大江戸線の春日駅A5出口を出てすぐの場所にあります。

2022年4月にグランドオープンした、「文京GARDEN」という、低階層には商業施設、高層階はオフィス、マンションがある複合施設の1階部分に入っています。

店内

店内|豊しま 春日店

オープンしたてということもあり、店内もかなり清潔感がありキレイな印象です。

L字カウンターとその周囲にもカウンター席がある、テーブル無しの立ち食いそば屋さんです。

席はカウンター席のみの全18席となっています。

メニュー・注文方法

メニュー|豊しま 春日店

立ち食いそば屋さんですがメニューは比較的少なめで、数を絞って提供しているようです。

定番のかき揚げや、きつね、たぬきなどもありますが、お店で一番人気の肉そばは4種類あります。

サイドメニューはいなり寿司とおにぎりのみで、セットメニューもありました。

注文は、カウンターにて口頭でおこない、現金前払いになります。

厚肉玉そば

厚肉玉そば|豊しま 春日店

人気の肉そばの最上級モデル、肉厚めと玉子がいっぺんに食べられるおそばです。

迫力満点の見た目のボリューム感、食べごたえありそうな感じです。

厚肉|豊しま 春日店

厚肉は厚み2cmくらいはありそうなほどで、まさに肉厚です。

煮豚の表面は茶色の色合いですが、味付けは想像以上に濃くなく、表面には漬け込まれたタレの甘みを感じるものの、中はお肉の味がダイレクトに感じます。

お肉の筋などもキッチリと処理され、解けるようにキレイに裂ける良い歯ごたえです。

そば|豊しま 春日店

そばの色は黒く、蕎麦本来の味というよりも、立ち食いそば屋のそばという印象です。

予め茹でたものを、注文を受けてから再度茹でる二度茹で方式のようです。

立ち食いそばらしい緩めでスルスルと食べられが、そば汁や厚肉などとのバランスを考えると、食べやすさを感じます。

そばつゆ|豊しま 春日店

そばつゆは真っ黒のいわゆる暗黒系、デフォルトでたぬき(天かす)が入っています。

厚肉の煮汁が溶け込んでいることもあってか、甘めに感じますが、出汁のような旨味とたぬきの油が良い感じで合わさっています。

あとがき

豊しまさんの創業は、1970年ぐらいに巣鴨の市場近くで副業のような感じで、春日店現店主の父親がはじめたそうです。

変わりゆく東京という場所柄、閉店や開店などの紆余曲折を経て、現在は飯田橋春日江戸川橋の3店舗のみで営業され、いずれも昔ながらの立ち食いそば屋さんです。

食べログなどの画像を見ると、「重たそう」、「ボリューム」があるというイメージだったので、なかなかタイミング的に難しかったのだが、いざ食べてみると、見た目以上に優しい味だし、重みを感じることなく無心で食べられる魅力的な一杯でした。

グルメ雑誌の最新刊

dancyu
おとなの週末
東京カレンダー
食楽
umaimono daisuki All Rights Reserved.
ver 4.2.4