とんかつ

東京 新宿 王ろじ

とん丼|東京 新宿 王ろじ

東京の新宿にある創業1910年の老舗とんかつ屋さんでとんかつやとん丼(カツカレー)が人気の「王ろじ」さんに実際にお邪魔して実食したレビューを掲載しています。

Published on: 2021/11/03 update: 2021/11/04
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、店舗の休業や営業時間の変更、イベントの延期・中止など、掲載内容と異なる場合がございます。事前に最新情報のご確認をお願いいたします。
お店へお邪魔する際はマスクの着用やアルコール消毒等、お店が提示するルールに御協力をお願いたします。

外観

外観|東京 新宿 王ろじ

お店は新宿駅からや東京メトロ丸ノ内線の新宿三丁目からすぐの路地裏にあります。

新宿の路地裏でひっそりと佇む感じは貫禄さえあります。

店内

店内|東京 新宿 王ろじ

店内はいわゆる町のとんかつ屋さんという感じの雰囲気です。

席は1階はカウンター4席、テーブル18席、地下の席は12席で全34席とそこそこ広めです。

メニュー

メニュー|東京 新宿 王ろじ

メニューはシンプルにとんかつと海老フライ、とん丼(カツカレー)がメインです。

メニュー|東京 新宿 王ろじ

各種単品などの注文もすることができます。

とん汁

豚汁|東京 新宿 王ろじ

「とん汁 450円」です。

具材は豚バラベーコンと玉葱、椎茸などです。

汁のベースは糀味噌だそうでベーコンや玉葱とのスッキリとした甘みが美味しいです。

とん丼

とん丼|東京 新宿 王ろじ

「とん丼 1150円」です。

とん丼とはカツカレーのことで丸い器に入ってきました。

王ろじ漬|東京 新宿 王ろじ

王ろじ漬というお新香がセットになってきました。

大根を醤油で味付けしたようなシンプルな浅漬ですが良いお味です。

カレールー|東京 新宿 王ろじ

カレールーは小麦粉にビーフスープ、焼きリンゴや焼酎に漬け込んだにんにくなどをプラスして香り付けをしているそうです。

重みのあるルーですが濃厚で辛さもちょうどよい加減でご飯、カツとも良く合っていて美味しいです。

カツ|東京 新宿 王ろじ

カツは一瞬メンチコロッケかと思ったらしっかりとロースのお肉です。

ロース肉はスプーンで切れてしまう柔らかさです。

衣はしっかりとして低温でじっくりと揚げられているので熱がしっかりと伝わっています。

カツには酸味が効いたソースが掛かっており、カレールーと合わさると不思議な味に変わり美味しさが増していきます。

レビュー

新宿に用事があり夕飯にでもと思い、以前から気になっていたのでお邪魔してみました。

王ろじさんは創業1910とその歴史も古く「とんかつ」という言葉を日本で初めて使ったという元祖とんかつのお店だそうです。

とん丼は当時のカツレツの技術に先代のフレンチで養った技術を加えた料理ということで、単なる洋食の枠に因われない発想から生まれたのも伺えます。

とん汁もありそうでないような風味、和食とも洋食とも言えない独自の味が王ろじさんでは味わうことができました。

「絶対!!また来ます!!」

店舗情報
東京 新宿 王ろじ
とん丼|東京 新宿 王ろじ

東京の新宿にある創業1910年の老舗とんかつ屋さんでとんかつやとん丼(カツカレー)が人気の「王ろじ」さんに実際にお邪魔して実食したレビューを掲載しています。

  • 【住所】東京都新宿区新宿3-17-21
  • 【営業時間】[火] (火曜日夜営業無し) 11:15~14:50 [月・木・金] [土・日・祝] 11:15~14:30 17:30~20:20
  • 【定休日】水曜日(祝日の場合は翌日)1月は3日から営業
  • ※ 掲載している情報は記事投稿時のものになります。お店のリンクを掲載しておきますので、必ず御自身で御確認をお願い致します。
食べログ hotpeppar ぐるなび yelp Retty トリップアドバイザー
関連動画
人気商品ご紹介

同じカテゴリーの記事

PAGETOP
umaimono daisuki All Rights Reserved.
ver 3.3