博多ラーメン|豚骨らーめん れん

濃厚ドロ系スープが人気の伊勢崎市街にある「豚骨らーめん れん」

伊勢崎市街にありドロ系のコッテリ豚骨ラーメンが人気のラーメン店「豚骨らーめん れん」さんに食べ歩きでお邪魔してきました。

最終更新: 2024/07/23 公開: 2024/06/25

店舗情報

店名
豚骨らーめん れん
住所
群馬県伊勢崎市連取町3272-6
営業時間
平日 11時〜14時 18時〜20時 土日祝 11時〜14時 17時〜20時
定休日
月曜日、火曜日
※店名はGoogleMapで正確に表示するため正式名称に地名が追加されている場合があります。※掲載している情報は記事投稿時に食べログを参考にしたものになります。SNSなどの各種リンクを掲載しておきますので、必ず御自身での御確認をお願い致します。

店舗所在地

※店名などによりGooglemapが正確に表示できない場合がございます。こちらから別画面で正確な位置が確認できるかと思います。

公式サイト

豚骨らーめんれんのブログ
豚骨らーめんれんさんのブログです。最近の記事は「2024/07/25(画像あり)」です。
※リンク先の設定によりタイトルなどが表示されない場合がございます。

その他の掲載サイト

  • 食べログ
  • 一休
  • ホットペッパー
  • ぐるなび
  • OZMALL(オズモール)
  • yelp
  • Retty(レッティー)
  • トリップアドバイザー
  • Facebook
  • twitter
  • Instagram
  • じゃらん

外観

外観|豚骨らーめん れん

伊勢崎を南北に走る群馬県道24号(高崎伊勢崎線)沿いにあります。

店舗は複数店舗が入るテナントの中の1店舗になります。

最寄り駅は、JR両毛線の伊勢崎駅ですが、約3.3km、約45分とかなり遠めです。

駐車場

駐車場|豚骨らーめん れん

店舗前に5台駐車することができますが、ランチタイムなどはすぐに満車になってしまいそうです。

高崎方面から車で来店される場合、中央分離帯があるので手前の信号で曲がると、川沿いに店舗に辿り着くことができます。

隣に川が流れているので、橋の近くにあると覚えておけば、わかりやすいかと思います。

店内

店内|豚骨らーめん れん

店内はラーメン屋というよりも、雰囲気は居酒屋のような感じで、お客さんと店員さんの距離が近い印象です。

席はカウンター7席、座敷12席の全19席です。

受付票|豚骨らーめん れん

人気店舗なので、満席時は入口にある受付票に名前と人数を書きます。

比較的、お客さんの回転は早そうですが、座敷でお酒を飲まれている人もいるので、夜でも席になっていました。

メニュー

ラーメン・メニュー|豚骨らーめん れん

ラーメンは全部で4種類。豚骨ラーメンが基本ですが、熊本ラーメンや塩、醤油などがあります。

トッピングは、辛子高菜やキクラゲ、ネギなどがあり、大盛の設定は無く、替玉が4種類あります。

一品料理・メニュー|豚骨らーめん れん

ラーメン以外には、「マツコの知らない世界」で紹介された、海鮮ソースちゃんぽんなどがあります。

一品料理も比較的多めで、黒豚餃子の他にご飯物だけでも7種類あります。

黒豚餃子

黒豚餃子|豚骨らーめん れん

餃子1つは小さめな、福岡の1口餃子ですが、1人前は10個と食べごたえあります。

黒豚餃子|豚骨らーめん れん

皮は薄めで、1口サイズなので餡はそれほど詰まった感じではありませんが、黒豚が非常にジューシーで、肉々しい味付けが美味しいです。

味噌のような「博多流自家製柚子胡椒」が付いてきますが、柚子の香りが非常に良く、ピリッと辛いので餃子のアクセントとして、非常に美味しかったです。

炙りチャーシュー丼

炙りチャーシュー丼|豚骨らーめん れん

ご飯は一杯分ほどですが、チャーシューがけっこう入っているので食べごたえ十分です。

炙りチャーシュー丼|豚骨らーめん れん

提供前にバーナーで炙っているそうで、丼はアツアツになっています。

使われている肉は、チャーシューの端肉ではなく、ちゃんと旨味がある部分がつかわれています。

味付けはそれほど濃くなく、チャーシューの香ばしさもしっかりと伝わってきます。

博多ラーメン

博多ラーメン|豚骨らーめん れん

店名が入り、文字の薄れた丼のフチには、豚骨の脂が付着しています。

どことなく、屋台のラーメンを彷彿とさせる印象です。

キクラゲ|豚骨らーめん れん

豚骨ラーメン定番のネギとキクラゲです。

追加トッピングなどはしていないので、ボリュームはそれほどありませんが、どちらも質の良さが分かります。

チャーシュー|豚骨らーめん れん

チャーシューはラーメンには珍しく、薄切りのものがつかわれていますが、サイズは大きめです。

塩でシンプルに味付けられ、さながら熟成されたハムのような感じです。

麺|豚骨らーめん れん

麺は超極細のストレート麺がつかわれ、注文時に5段階で、固さを選ぶことができます。

極細麺なので、時間の経過とともにスープに溶け込むように、麺が柔らかくなっていきます。

ボリューム的には150gと、デフォルトはそれほど麺の量が多くないので、替玉は必須でしょう。

豚骨スープ|豚骨らーめん れん

スープはかなり豚骨の濃度高めで、かなりのトロみがあり液体よりも固形に近いです。

ド豚骨なスープのベースですが、臭みもしっかりと取られ、ラーメン丼ぶりの底には、豚の骨が溶けているので、時間を掛けて煮込まれているのが実感できます。

豚骨の甘みと醤油の辛さが、ほどよいバランスでラーメンとしても美味しいです。

替玉

替玉|豚骨らーめん れん

替玉は別皿で提供され、麺の固さを変えることも可能です。

注文したのはノーマル麺ですが、マー油を入れた「マー油替玉」など、全部で4種類があるので、替玉だけでも味変として楽しめそうです。

あとがき

豚骨らーめん れんさんの創業は2010年、ラーメン激戦区の伊勢崎において10年以上続くというだけでも、人気の高さがうかがえます。

味の印象としては、チャーシュー丼のチャーシューにしても、ラーメンのスープなど、細かなところまで丁寧にやっているのが、ヒシヒシと伝わってきます。

豚骨ラーメンの専門店ですが、限定ラーメンなども定期的に提供され、煮干しラーメンなども提供しているので、今後の進化も楽しみです。

豚骨が苦手な人には、ド豚骨で固形に近い味が苦手かも知れませんが、逆に豚骨好きにはたまらないドストライクな豚骨ラーメンでした。

あわせて読みたい

群馬県で食べ歩きしたお店の一覧
群馬県で食べ歩きしたお店の一覧
年間200軒以上を食べ歩く「うまいもの大好き」が、群馬県で過去に食べ歩きしたお店をご紹介するページです。

こちらもオススメ

この記事を書いた人
 うまいもの大好き

サイト管理・編集をしているWEBデザイナー・ブロガーのうまいもの大好きです。

「うまいもの大好き」で食べた軒数は、およそ2000軒になります。今でも全国各地を年間200軒ほど食べ歩いています。

飲食店の魅力を発信・共有できればと思っています。

グルメ雑誌の最新刊

dancyu
おとなの週末
東京カレンダー
食楽
umaimono daisuki All Rights Reserved.
ver 5.0