蕎麦|つけ蕎麦 もつ煮 なかじ
3.2

並盛300g! 蕎麦をつけ麺のように食らう川越にあるつけ蕎麦屋

川越坂戸線沿いにあり並盛300gでボリューム満点の蕎麦屋「つけ蕎麦 もつ煮 なかじ」さんに食べ歩きに行ってきました。

最終更新: 2024/05/25 公開: 2024/04/30

店舗情報

店名
つけ蕎麦 もつ煮 なかじ
住所
埼玉県川越市小堤16-10
営業時間
11時-14:30.18時-21:30(日曜20:30LO)
定休日
不定休
※店名はGoogleMapで正確に表示するため正式名称に地名が追加されている場合があります。※掲載している情報は記事投稿時に食べログを参考にしたものになります。SNSなどの各種リンクを掲載しておきますので、必ず御自身での御確認をお願い致します。

店舗所在地

※店名などによりGooglemapが正確に表示できない場合がございます。こちらから別画面で正確な位置が確認できるかと思います。

公式サイト

つけ蕎麦もつ煮なかじ
※リンク先の設定によりタイトルなどが表示されない場合がございます。

その他の掲載サイト

  • 食べログ
  • OZMALL(オズモール)
  • twitter
  • Instagram

外観

外観|つけ蕎麦 もつ煮 なかじ

川越市街から坂戸方面を通る県道39号(通称:川越坂戸毛呂山線)沿いにあります。

最寄り駅は、東武東上線の鶴ケ島駅ですが、1.2kmほどあるので、来店客の多くは車になります。

建物が真っ黒なので、車で訪れても比較的分かりやすいです。

500m圏内ほどに古民家らぁめん銀水さんや、六厘舎系のジャンクガレッジさんがあるので、ちょっとした麺激戦区になっています。

駐車場

駐車場|つけ蕎麦 もつ煮 なかじ

郊外型なので駐車場が完備され、店舗横と店舗裏にそれぞれ15台づつ計30台置くことができます。

店内

店内|つけ蕎麦 もつ煮 なかじ

純和風な感じの店内は、2024年4月オープンということもあって、非常にキレイで清潔感があります。

席はカウンター6席、テーブル11卓25席の全31席となっています。

受付票|つけ蕎麦 もつ煮 なかじ

満席時には入口近くにある受付票に、名前と人数を記入します。

ランチタイムなどはあっという間に満席になっていましたが、席数も多く、回転率も早いので、比較的待ち時間は早そうでした。

注文方法・メニュー

メニュー|つけ蕎麦 もつ煮 なかじ

蕎麦麺と中華麺の2種類があり、それぞれで選べる料理が異なります。

蕎麦麺はつけ蕎麦と肉汁つけ蕎麦の2種類で、つけ蕎麦にはもつ煮や唐揚げなどをセットにすることができます。

中華麺は油そばとまぜそばの2種類になっています。

麺は共通で並盛が300g、追加料金の大盛400g、特盛500gとなっています。

券売機|つけ蕎麦 もつ煮 なかじ

注文は入口近くにある券売機にて食券を購入します。

色分けがされ、メニューは比較的分かりやすくなっています。

つけ蕎麦もつ煮セット

つけ蕎麦もつ煮セット|つけ蕎麦 もつ煮 なかじ

つけ蕎麦ともつ煮がセットになっていて、ご飯がサービスで付いてきます。

もつ煮|つけ蕎麦 もつ煮 なかじ

もつ煮は小鉢に入り、飲み屋さんで提供されるくらいのボリュームです。

具材はモツとこんにゃくのみのシンプルな構成です。

もつ煮|つけ蕎麦 もつ煮 なかじ

汁はサラサラとした感じで、辛さが強く、ご飯やお酒には良く合いそうです。

もつは柔らかさがあり、トロトロな感じで煮込まれています。

小鉢ではありますが、モツは多めに入っているので、ちゃんと満足度があります。

蕎麦汁|つけ蕎麦 もつ煮 なかじ

蕎麦汁は鰹節や煮干しをふんだんにつかっているそうなので、出汁感のような香りがありました。

返しの風味というよりも、味醂や砂糖が強いせいか甘さが強く、マッタリとした印象を受けました。

蕎麦|つけ蕎麦 もつ煮 なかじ

自家製の蕎麦麺は、通常の並盛で茹で前で300gと、かなりボリュームがありました。

麺のは中太くらいの縮れ麺で、黒さから蕎麦のような感じはありますが、うどんやつけ麺のような見た目です。

高級蕎麦粉、埼玉県産のつなぎ粉をつかわれているそうで、配合としては6:4くらいでしょうか、蕎麦の香りは弱いです。

あとがき

なかじさんは2024年4月オープン、店内の表記には「系列店」とあったので、他にも何軒かお店をやられているグループ店かも知れません。(※調べましたが不明でした。)

麺のボリュームはたしかに多いので、お腹いっぱいにはなりますが、味的な満足度は弱く感じ、もつ煮もおつまみ的な感じだったので、今後、試行錯誤があると美味しくなりそうです。

つけ蕎麦としては、2002年にオープンした「港屋」さん(現在は港屋2として営業)、立川のBONSAIさん、高田馬場の安土さんなどたまに見かけると、蕎麦好きということもありお邪魔しています。

この記事を書いた人
 うまいもの大好き|食べ歩きブログ

サイト管理・編集をしているWEBデザイナー・ブロガーのうまいもの大好きです。

全国各地を年間200軒ほど食べ歩き、飲食店の魅力を発信・共有できればと思っています。

あわせて読みたい

埼玉県で食べ歩きしたお店の一覧
年間200軒以上を食べ歩く「うまいもの大好き」が、埼玉県で過去に食べ歩きしたお店をご紹介するページです。
埼玉県で食べ歩きしたお店の一覧

こちらもオススメ

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。※メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

グルメ雑誌の最新刊

dancyu
おとなの週末
東京カレンダー
食楽
umaimono daisuki All Rights Reserved.
ver 4.2.6