ノンベジタリアン ターリ|東京 麹町 アジャンタ

【アジャンタ】創業1957年! 現地の味そのまま楽しめる麹町にある南インド料理屋

  • 食べログアジアン百名店2021|うまいもの大好き
  • 食べログカレー百名店2020|うまいもの大好き
  • 食べログカレー百名店2019|うまいもの大好き
  • 食べログカレー百名店2017|うまいもの大好き

東京の麹町駅近くにあり1957年創業で南インド料理を中心に現地の味を堪能できる「アジャンタ」さんに食べ歩きに行ってきました。

最終更新: 2024/05/22 公開: 2023/09/06

店舗情報

店名
アジャンタ 麹町
住所
東京都千代田区二番町3-11
営業時間
【月~土】10:00~22:00(21:30LO) 【日・祝】10:00~21:00(20:30LO)
定休日
無休
※店名はGoogleMapで正確に表示するため正式名称に地名が追加されている場合があります。※掲載している情報は記事投稿時に食べログを参考にしたものになります。SNSなどの各種リンクを掲載しておきますので、必ず御自身での御確認をお願い致します。

店舗所在地

※店名などによりGooglemapが正確に表示できない場合がございます。こちらから別画面で正確な位置が確認できるかと思います。

公式サイト

アジャンタ
アジャンタ(AJANTA)インドカレー・インド料理の老舗店。すべて手作り、無添加・無着色。 日本人向けにアレンジしていない本場の味をお楽しみいただけます。創業以来変わらないアジャンタの料理は幅広い年齢…
※リンク先の設定によりタイトルなどが表示されない場合がございます。

その他の掲載サイト

  • 食べログ
  • 一休
  • ホットペッパー
  • ぐるなび
  • OZMALL(オズモール)
  • yelp
  • Retty(レッティー)
  • トリップアドバイザー
  • Facebook
  • twitter
  • じゃらん

外観

外観|東京 麹町 アジャンタ

東京メトロ有楽町線の麹町駅降りて5番出口上がってすぐの交差点の角のところにあります。

高級感ありそうな赤い色が映える外観で、すぐに分かるかと思います。

店内

1階店内|東京 麹町 アジャンタ

一階は15席ほどで、ほぼ調理場という感じで、夜にお邪魔した時は2階のみを使っていました。

2階店内|東京 麹町 アジャンタ

特別に派手な装飾はありませんが、非常に落ち着いた雰囲気で好きです。

席は1階、2階合わせてテーブル席のみで54席となっています。

メニュー

メニュー|東京 麹町 アジャンタ

基本は南インド料理を提供しているようですが、北インド料理など全般的に調理されているようです。

スープからデザート、ターリやドーサのセットなどもあります。

メニュー|東京 麹町 アジャンタ

カレーもかなり種類が豊富で聞いたことないものばかりでした。

メニュー|東京 麹町 アジャンタ

一品料理なども豊富で、お酒を飲みながらインド料理を楽しむなんてのも良い感じです。

デザートだけでも10種類ほどあり、最後まで楽しむことができます。

アチャールとチャツネ

アチャール|東京 麹町 アジャンタ

料理を注文すると、アチャールとチャツネがサービスで提供されます。

カチュンバ

カチュンバ|東京 麹町 アジャンタ

紫玉葱や胡瓜、トマトなどをつかったサラダです。

パクチーが入っていることもあり、爽やかなスパイシーさが美味しいです。

タンドリーチキン

タンドリーチキン|東京 麹町 アジャンタ

やはりインド料理を食べに来たらタンドリーチキンを食べたくなります。

1ピース(半身)から注文することができます。

タンドリーチキン|東京 麹町 アジャンタ

表面はしっかりと焼き目がついていて、辛さ強めですが、しっとりとしたチキンの味と非常に合います。

ところどころに包丁で切れ目が入っているので、ナイフとフォークで非常に食べやすく、ナイフとフォークで食べることが出来ました。

ノンベジタリアン ターリ

ノンベジタリアン ターリ|東京 麹町 アジャンタ

ターリとはインド風のワンプレートの定食で、さまざまなものがセットになっています。

メニューには野菜のみをつかったものと、お肉をつかったものの2種類があり、ノンベジタリアンのターリはお肉などをつかったカレーになります。

ラッサムスープ|東京 麹町 アジャンタ

スープはラッサムスープです。

ベースはトマト味なので、酸味がありますが、ニンニクをつかっているので、コクと辛味がけっこう激し目です。

サンバー|東京 麹町 アジャンタ

サンバーという野菜炒めのようなもので、具材はニンジン、エンドウ、ジャガイモなどです。

味はスパイスさがちゃんとありつつも、野菜の甘味が美味しいです。

パパド|東京 麹町 アジャンタ

お煎餅のようなパパドです。

表面にオイルが塗られているので、しっとりとしつつも風味良く、カレーなどにも良く合いました。

プーリー|東京 麹町 アジャンタ

こちらはプーリーというもので、こっちで言う揚げパンだそうです。

中身は入っていませんが、大きく膨らんで、見た目に可愛らしさがあります。

若干の油っぽさはありますが、厚みがありモチモチで、初体験なのもあって面白かったです。

ライス|東京 麹町 アジャンタ

ライスはバスマティライスを想像していましたが、日本米に近い感じでした。

食感はモチモチとしていて、お米自体に甘みがあります。

ワダ|東京 麹町 アジャンタ

ワダという豆を揚げたドーナッツのような感じのものです。

パサパサした感じはありますが、アチャールを付けて食べます。

アチャール|東京 麹町 アジャンタ

アチャールは3種類で、ココナッツをつかった甘めのものや、カレーのような辛味のあるものなどです。

3種のカレー|東京 麹町 アジャンタ

カレーは、肉、野菜、魚の3種類で、ちょうど甘めから辛めまでの3段階あります。

どのカレーもそれ自体の美味しさはもちろん、中に入った具材も時間を掛けて煮込まれているようで、旨味がギュッと閉じ込められ、ホロホロとした食感が美味しいです。

グラブ・ジャムン|東京 麹町 アジャンタ

デザートはグラブ・ジャムンというお菓子です。

かなり甘いのですが、暴力的な甘さではなく、食べ終える頃には不思議と口の中の辛味が無くなっていました。

あとがき

スパイス自体はかなり好きで、中でもカレーは大好きなので、美味しいお店があると分かれば、できるだけ行くようにはしています。

麹町と言えば日本テレビがある町として認識しているので、「テレビ局見れるかな」と、田舎者独特の感覚で駅を降りましたが、残念。メトロを降り階段を上りきると、ほぼ目の前にお店があったのです。

雰囲気を含め、どことなく高級感があり、落ち着いた雰囲気も好きです。何よりほぼ全員インド人のスタッフなのですが、日本語も完璧、対応も丁寧です。

料理は南インド料理を中心にかなり本格的。というか、日本風に媚びていないそうで、辛さも本格的ですしスパイシーさも他のお店よりも強めな感じです。

この記事を書いた人
 うまいもの大好き|食べ歩きブログ

サイト管理・編集をしているWEBデザイナー・ブロガーのうまいもの大好きです。

全国各地を年間200軒ほど食べ歩き、飲食店の魅力を発信・共有できればと思っています。

あわせて読みたい

東京 中央エリアで食べ歩きしたお店一覧
年間200軒以上を食べ歩く「うまいもの大好き」が東京の「中央エリア」で過去に食べ歩きしたお店をご紹介します。
東京 中央エリアで食べ歩きしたお店一覧

こちらもオススメ

グルメ雑誌の最新刊

dancyu
おとなの週末
東京カレンダー
食楽
umaimono daisuki All Rights Reserved.
ver 4.2.6