特製醤油ラーメン|手打ちラーメン 清仁軒

【手打ちラーメン 清仁軒】名店の味復活! お弟子さんが受け継ぎ守る高崎のラーメン屋

高崎市街にあり、名店の味をお弟子さんが継承した人気のラーメン店「手打ちラーメン 清仁軒」さんに、食べ歩きに行ってきました。

Published on: 2024/01/31

外観

外観|手打ちラーメン 清仁軒

国道17号から高崎駅方面に入った住宅街と商店街の間のような場所にあります。

最寄り駅はJR高崎駅もしくは、JR信越本線の北高崎駅ですが、どちらからも徒歩10分ほどかかります。

駐車場

駐車場|手打ちラーメン 清仁軒

店舗周辺に専用の駐車場が用意されています。

ただし、ランチタイムなどは開店直後から満車になるようなので、その場合は周辺にコインパーキングが点在しています。

近くの駐車場を探すなら2週間前~利用直前まで、スマホ・PCで簡単予約ができる 駐車場予約なら「タイムズのB」 がオススメです。

入店方法

受付票|手打ちラーメン 清仁軒

人気店なので、受付票が店内入った場所に用意されていました。

待機用の席が店内2席と外に2席ありました。

店内

店内|手打ちラーメン 清仁軒

キッチンを取り囲むカウンター席、その周辺にテーブル席というレイアウトになっています。

店員さんの対応は非常に丁寧で優しかった印象です。

席はカウンター6席ほど、テーブル4席ほどの全10席前後となっています。

券売機|手打ちラーメン 清仁軒

注文は券売機にて食券を購入します。

店外にもメニューが用意されているので、予め注文を決めてから入店するとスムーズでしょう。

メニュー

メニュー|手打ちラーメン 清仁軒

ラーメンは醤油と塩の2種類のみで、それぞれに、通常のラーメンと特製ラーメン、ワンタンメン、チャーシューメンの4種類がありました。

追加トッピングも数種類あり、サイドメニューにはご飯物が何種類かありました。

モツ丼

もつ丼|手打ちラーメン 清仁軒

平日限定で提供されている、モツ丼を注文しました。

モツ丼にはお新香が付いてきます。

もつ丼|手打ちラーメン 清仁軒

ボリューム的にはモツが大きめで、ご飯が少なめなので、ラーメンと合わせてると、いい感じの満腹感があります。

大きめに切られたモツは、時間をかけて煮込まれているようで、非常に柔らかく溶けるような食感で、臭みも脂もしっかりと取られています。

味は濃いめの味付けではなく、白味噌ベースなのか上品さがあって美味しいです。

懐かしの醤油ラーメン

懐かしのラーメン|手打ちラーメン 清仁軒

メンマ、チャーシュー、ナルト、葱と非常にシンプルな盛り付けということで、懐かしのラーメンというネーミングのようです。

ラーメンが注がれた店名入りのラーメンどんぶりは、哀愁があって個人的にも好きです。

細打ち麺|手打ちラーメン 清仁軒

ラーメン注文時には、細打ち麺か手打ち麺のどちらかを選ぶことができるので、細打ち麺をチョイスしました。

チュルチュルとすする際のスープとの絡み方が良く、懐かしい感じがする麺でした。

特製醤油ラーメン

特製醤油ラーメン|手打ちラーメン 清仁軒

懐かしのラーメンに味玉とワンタンが追加トッピングされています。

大きめなラーメンどんぶりで、気持ちボリュームを感じる見た目でした。

メンマ|手打ちラーメン 清仁軒

メンマは非常に柔らかく、溶けるような柔らかさです。

ランダムに厚みを持たせて切られているので、食べている中でアクセント感があります。

甘さ強めで主張するような味付けが印象に残りました。

味玉|手打ちラーメン 清仁軒

味玉は茶色に色付いていて、中は半熟でトロっと黄身の甘みが出てきます。

味付けはそれほど印象に残るような強めではありませんが、それが返って全体のバランス感を崩していませんでした。

ワンタン|手打ちラーメン 清仁軒

特製の場合にはワンタンが3個入っています。

薄めの皮で餡は鶏のつくねでしょうか、驚かされたのは、噛み締めた瞬間にワンタンの中から肉汁が出てきました。

チャーシュー|手打ちラーメン 清仁軒

チャーシューをラーメンからレンゲですくい出すと、サイズの大きめを実感できました。

お肉は下仁田ポークをつかい、厚みに切られていて、しっかりとした歯ごたえがあって、肉を食している感が得られ美味しいです。

太打ち麺|手打ちラーメン 清仁軒

麺は手打ち麺をチョイスしました。

平打ちの中太くらいで縮れがあるので、見た目のインパクトもあります。

スープとの絡み、噛み締めたときに感じるうどんにも近いようなコシが良い感じです。

毎日4時間ほどかけ製麺し、1日70食ほどしか提供できないこだわりの麺です。

ラーメンスープ|手打ちラーメン 清仁軒

スープの最初の印象は非常に甘味がありつつ、醤油のまろやかさが追っかけてくるような感じです。

スープのベースは豚骨と鶏の皮をじっくりと煮込んでいて、臭い消しなどの野菜は使っていないのに、旨味を非常に感じられます。

あとがき

見た目がとにかく美味しそうなので、1年ほど前からブックマークしており、近くに用事があったので、お邪魔させて頂きました。

清仁軒さんを語る上で、必ず出てくるのが「清華軒」さんというラーメン屋さんです。清華軒さんは1956年に創業、高崎で非常に人気のあるラーメン屋さんで映画「ラーメン食いてぇ!」のモデルにもなった名店でした。

そこへ現在の店主がラーメン食べ歩きの末に弟子入りを志願し修行されます。しかし店舗は2016年に休業となってしまいました。その後名店の味を受け継ぐべく2017年に清仁軒をオープンさせたそうです。

全体を通して、優しい味、手間暇の掛け方を実感でき、ラーメン愛に溢れた一杯でした。てか、このご時世でこの価格はお客さんにも優しすぎるお店です。

グルメ雑誌の最新刊

dancyu
おとなの週末
東京カレンダー
食楽
umaimono daisuki All Rights Reserved.
ver 4.2.4