野菜盛り|極濃湯麺 フタツメ 八千代店

【極濃湯麺 フタツメ 八千代店】安い旨いボリューム満点! 罪悪感ゼロのタンメンが人気の高崎にあるラーメン店

高崎市郊外にあり濃厚なスープと野菜盛りでコスパ抜群のラーメン店「極濃湯麺 フタツメ 八千代店」さんに食べ歩きに行ってきました。

Published on: 2024/03/26

外観

外観|極濃湯麺 フタツメ 八千代店

高崎の中心部から和田橋を通り烏川を渡り、市街地に入ってすぐの場所にあります。

最寄り駅はJR高崎駅ですが、徒歩30分ほどとかなり遠めです。

スナックなどが軒を連ねる商業建物のひとつになります。

駐車場

駐車場|極濃湯麺 フタツメ 八千代店

駅から離れていることもあって、専用の駐車場があります。

専用の駐車場は12台ほど停められますが、場所は決められているので駐車の際はご注意を。

店内

店内|極濃湯麺 フタツメ 八千代店

昔ながらの中華料理屋さんのような雰囲気で、調理する際の鍋を振る音などが店内に響いています。

席はカウンター9席、テーブル4席、座敷8席の全21席となっています。

メニュー

メニュー|極濃湯麺 フタツメ 八千代店

ラーメンはタンメンの1種類のみですが、バリエーションはかなり豊富で、全部で20種類ほどあり、からあげやギョウザとのセットもできます。

一品料理もかなり種類があって、餃子からガツ刺し、ニラレバ炒めなどラインナップ的には町中華のようです。

ギョウザ

ギョウザ|極濃湯麺 フタツメ 八千代店

餃子は棒餃子のような長めのもので、1人前は5個となっています。

包み方は少し緩めですが、皮は薄め、餡は肉多めで、ジューシー感があります。

濃厚タンメン

濃厚タンメン|極濃湯麺 フタツメ 八千代店

お店の看板メニューで、数あるラーメンメニューの中で、一番シンプルなタンメンになります。

野菜盛り|極濃湯麺 フタツメ 八千代店

ラーメンから立ち上げられたモリモリの野菜炒めは重量が450gとなっているので、かなりボリューム感があります。

野菜炒めは薄口の醤油で、サッと炒められていて、野菜のシャキシャキ感がしっかりと残っています。

排骨タンメン

排骨タンメン|極濃湯麺 フタツメ 八千代店

味は濃厚タンメンと同じもので、排骨がのせてあります。

野菜炒めのみが乗せてある濃厚タンメンに比べると、さらにボリューム感が増されています。

排骨|極濃湯麺 フタツメ 八千代店

排骨だけでも100gくらいはありそうな、豚のあばら肉がつかわれ脂身感はほとんどありません。

衣はスープに対してもすぐに溶け込まないように、強めでカリカリに揚げられています。

麺|極濃湯麺 フタツメ 八千代店

麺は中太の縮れ麺です。

スープや野菜のパンチに負けない強さがあって、全体としてガッツリな印象が増されます。

気持ち固めに茹でられているので、ワシワシ感があるので、うどんのような食感です。

ラーメンスープ|極濃湯麺 フタツメ 八千代店

白濁としたラーメンスープは、豚骨と鶏ガラのスープがベースになっています。

豚骨のクリーミーさと独特の甘みがあって、豚骨好きとしてはドストライクんな風味です。

食べ進めると、野菜炒めの醤油が徐々に溶け込んでいき、甘みから醤油ラーメンのような変化を見せるのも面白いです。

あとがき

フタツメさんの創業は2015年で、株式会社上さんというグループが運営し、現在は群馬県を中心に栃木、長野など12店舗(食べログで調べた結果)を運営するローカル・ラーメン・チェーンです。

運営会社のHPはありますが、フタツメブランドの公式HPは無く、明確な本店はわかりませんが、こちらの八千代店は1号店となっています。

高崎市などでは頻繁に看板を見ることがあり、チェーン展開ということもあって足が遠のいていましたが、実際食べてみると、満足度高かったです。

豚骨スープに野菜タップリ、麺などとのバランス感も良く、お手軽な価格。ラーメン専門店ではなく、町中華のような使い勝手の良さなどを考慮すれば良いお店だと言えます。

グルメ雑誌の最新刊

dancyu
おとなの週末
東京カレンダー
食楽
umaimono daisuki All Rights Reserved.
ver 4.2.4