五目炒飯|生駒軒 秋葉原店

餃子もチャーハンも安定的な味の秋葉原駅近くにある町中華「生駒軒」

JR秋葉原駅からほど近い場所にあり、炒飯や餃子などが安定的に美味しい町中華「生駒軒 秋葉原店」さんに食べ歩きでお邪魔しました。

最終更新: 2024/06/26 公開: 2024/02/13

店舗情報

店名
生駒軒 秋葉原店
住所
東京都千代田区神田和泉町1-2-30
営業時間
11:00~15:00
定休日
土・日・祝
※店名はGoogleMapで正確に表示するため正式名称に地名が追加されている場合があります。※掲載している情報は記事投稿時に食べログを参考にしたものになります。SNSなどの各種リンクを掲載しておきますので、必ず御自身での御確認をお願い致します。

店舗所在地

※店名などによりGooglemapが正確に表示できない場合がございます。こちらから別画面で正確な位置が確認できるかと思います。

公式サイト

※リンク先の設定によりタイトルなどが表示されない場合がございます。

その他の掲載サイト

  • 食べログ
  • ぐるなび
  • Retty(レッティー)

外観

外観|生駒軒 秋葉原店

JRなど各線の秋葉原駅の中央口から出て浅草橋駅方面に向かい、国道4号(通称:昭和通り)を上野方面に向かい、1本路地に入ったところにあります。

紅白の屋根、4つものオカモチなど、昭和感の溢れる町中華感にグッと来るものがあります。

店内

店内|生駒軒 秋葉原店

小さめのテーブルが並び、壁にはメニューの貼り紙と、外観同様に昔ながらの町中華感に親近感があります。

混雑時には相席(対面に座っての)になる感じにも昭和感があります。

席はテーブル席のみで全24席となっています。

メニュー

メニュー|生駒軒 秋葉原店

町中華だけあって圧巻のメニュー数となっていて、麺類、ご飯物、定食などがあります。

お客さんはどれかの料理だけを注文しているというわけではなく、各々で好きなものを注文している様子でした。

餃子(ハーフ)

餃子|生駒軒 秋葉原店

通常の餃子は6個ですが、ハーフサイズ(3個)で注文することができました。

餃子1つのサイズは、一般的なものよりも大きめで、ハーフサイズでも食べごたえがあります。

餃子|生駒軒 秋葉原店

表面には適度な焼き目が入っていて、皮の薄めと厚めの中間くらいでモチっとした食感があります。

餡はニラや白菜、葱など野菜の甘みがあり、調味料なしでも十分に旨味を感じます。

什景炒飯(五目チャーハン)

五目炒飯|生駒軒 秋葉原店

「什景」という言葉には「盛り付ける」という意味があるそうで、中華料理などで、さまざまな素材を合わせた料理などにもつかわれるそうです。

スープ|生駒軒 秋葉原店

チャーハンに付いてきたスープです。

鶏ガラのような旨味があり酸味が抑えられていて、優しい味の中華スープです。

五目炒飯|生駒軒 秋葉原店

チャーハンは町中華らしく、かなりボリューム感があり、食べ終えた満足度はけっこうです。

具材はピーマン、葱、チャーシュー、人参などが細く切られいて、色合いを含め見た目がキレイです。

五目炒飯|生駒軒 秋葉原店

お米はシットリとパラパラの中間ほどの食感で、油っぽさもそれほど感じません。

コッテリ・ギトギトとしたチャーハンではなく、むしろピラフのような食べやすさがありました。

あとがき

食べログなどのタイムラインを見ていると、 「生駒軒」という店名をたまに見かけていましたので、1店舗のみかと思いきや、最盛期には100軒を超えるお店があった一大町中華グループだったのです。

「生駒軒」とは、生駒のれん会のことで、その正式名称は、「生駒軒相互親睦会」。創業は1917年に創業された、「児玉製麺所」がルーツで、一般的には人形町店がルーツだと言われています。

秋葉原店だけでいえば、配膳やお会計を切り盛りする女将さんがとにかく印象的で、物腰の柔らかい優しい口調、親近感ある接客など、どれをとっても好感が持てます。お店に2名でお邪魔した際は、通算6個のお冷が席に来たので、思わず笑みが溢れてしまいました。

4時間の昼営業のみだが、餃子にせよ、チャーハンにせよ、これだけ安定的な価格と味の料理が食べられることに感謝しかない。ふと立ち寄りたくなるお店でした。

あわせて読みたい

東京 中央エリアで食べ歩きしたお店一覧
東京 中央エリアで食べ歩きしたお店一覧
年間200軒以上を食べ歩く「うまいもの大好き」が東京の「中央エリア」で過去に食べ歩きしたお店をご紹介します。

こちらもオススメ

この記事を書いた人
 うまいもの大好き

サイト管理・編集をしているWEBデザイナー・ブロガーのうまいもの大好きです。

「うまいもの大好き」で食べた軒数は、およそ2000軒になります。今でも全国各地を年間200軒ほど食べ歩いています。

飲食店の魅力を発信・共有できればと思っています。

グルメ雑誌の最新刊

dancyu
おとなの週末
東京カレンダー
食楽
umaimono daisuki All Rights Reserved.
ver 5.0