とろもつ|とろもつ 大正屋
3.7

【とろもつ 大正屋】希少部位のもつ煮! 国産の生モツをつかった所沢にあるもつ煮の定食屋

所沢の国道463号(所沢バイパス)沿いにあり、希少な国産生モツつかった定食屋「とろもつ 大正屋」さんに食べ歩きに行ってきました。

Published on: 2024/03/23

外観

外観|とろもつ 大正屋

所沢市街から国道463号(通称:浦和所沢バイパス)を、関越自動車道の所沢IC方面に向かう途中の、「牛沼」交差点にあります。

最寄り駅は、JR武蔵野線の東所沢駅ですが、約2kmとかなり距離があります。

看板|とろもつ 大正屋

交差点にありますし、大きな看板があるので、比較的わかりやすい場所にあります。

ただし、国道の反対方向からの場合は、中央分離帯があるので入ることはできませんのでご注意を。

駐車場

駐車場|とろもつ 大正屋

郊外型のお店なので、専用の駐車場が店舗敷地内にあります。

正確な台数はわかりませんが、全部で12〜3台ほどは置けそうなので、ピーク以外は問題なさそうです。

店内

店内|とろもつ 大正屋

食堂のような雰囲気で、店員さんも元気に笑顔で対応して頂けます。

レイアウトは変則的なコの字のように、厨房を取り囲むようにカウンター席が設置され、席はカウンター席のみで全部で15席ほどです。

券売機|とろもつ 大正屋

注文は店内入ってすぐの場所にある券売機でおこないます。

近くにメニューもあるので、注文はしやすいかと思われます。

メニュー

メニュー|とろもつ 大正屋

メニューは、とろもつ煮定食、丼もつ、鶏そぼろ丼の3種類のみで、それぞれに、小盛、中盛、大盛などが設定されています。

メニュー表にはありませんが、鶏そぼろ用の生玉子や、もつ煮のネギ増しなどのトッピングもありました。

中・中セット

中・中セット|とろもつ 大正屋

鶏そぼろ丼(中盛)と、とろもつ煮(中盛)のセットで、店員さんは中・中セットと呼んでいました。

料理には、お味噌汁、お新香が付いてきます。

味噌汁|とろもつ 大正屋

お味噌汁は赤味噌で、お揚げと豆腐が具材として入っていました。

塩辛くなりそうな赤味噌ですが、しっかりと出汁が取られ、ちゃんと旨味がありました。

鶏そぼろ丼|とろもつ 大正屋

口コミに鶏そぼろ丼が美味しいとあったので、ついつい注文してしまいました。

中盛りはサイズ的に大手牛丼店の大盛りくらいなので、けっこう多めに感じました。

そぼろの味付けは甘すぎず、醤油っぽい辛さもなく、ご飯との間には刻み海苔、付いてきた紅生姜と合わせると、良い感じに美味しさがあります。

とろもつ煮|とろもつ 大正屋

とろもつ煮も中盛りで具材はシンプルにモツとこんにゃくのみですが、やはりボリュームは抜群でした。

刻まれた白葱がたくさんのせられているのも、葱好きとしては点数が高いです。

とろもつ|とろもつ 大正屋

モツにつかわれている部位は、腸の部位の中でも、旨味がタップリのった直腸(テッポウ)のみがつかわれています。

最初に口にしたときには、はじめての驚きとともに、モツの肉厚さと柔らかさを実感することができました。

もつ煮自体はサッパリとした味噌仕立てでありながらも、濃厚な旨味がありました。

あとがき

大正屋さんの創業は2018年と最近ではありますが、公式Twitterなどでは、連日売り切れが出るほどの人気店になりました。

メニューもシンプルに3種類のみに絞られていますが、定食屋さんとしては十分どころか満足度高めのクォリティがありますし、活気ある店内の雰囲気、店員さんの対応も食堂としてはかなり好感が持てました。

グルメ雑誌の最新刊

dancyu
おとなの週末
東京カレンダー
食楽
umaimono daisuki All Rights Reserved.
ver 4.2.4