スペシャル|とんこつラーメン44

上品な泡系豚骨だけどガッツリ感ある上福岡の豚骨ラーメン店44

上福岡市街にあり泡系豚骨で上品だがガッツリ感もしっかりある豚骨ラーメン店「とんこつラーメン44」さんに食べ歩きに行ってきました。

最終更新: 2024/06/07 公開: 2024/06/07

店舗情報

店名
とんこつラーメン44
住所
埼玉県ふじみ野市鶴ヶ岡4-1-34 コーポクレイン 1F
営業時間
11:00 - 14:00、17:00 - 20:00
定休日
日曜日
※店名はGoogleMapで正確に表示するため正式名称に地名が追加されている場合があります。※掲載している情報は記事投稿時に食べログを参考にしたものになります。SNSなどの各種リンクを掲載しておきますので、必ず御自身での御確認をお願い致します。

店舗所在地

※店名などによりGooglemapが正確に表示できない場合がございます。こちらから別画面で正確な位置が確認できるかと思います。

その他の掲載サイト

  • 食べログ
  • 一休
  • ぐるなび
  • Retty(レッティー)
  • Instagram
  • じゃらん

外観

外観|とんこつラーメン44

東武東上線上福岡駅の西口から直線的に、国道254号(通称:川越街道)をこえ、狭山市方面に向かったところにあります。

徒歩の場合、上福岡駅から1.4km、約20分と、けっこう遠く感じてしまう距離です。

店舗は1階部分が店舗、2階以降が居住スペースとなっているので、排煙とか大丈夫なのか、いらぬ心配をしてしまいました。

店内

店内|とんこつラーメン44

店内はコの字のカウンターになっていて、ラーメン屋さんとしては、よくあるタイプのレイアウトです。

入店後の店内でも豚骨臭など無く、床もテーブルや椅子もベトベトしておらず、厨房含めても清潔感があります。

店内装飾|とんこつラーメン44

奥側の壁にはペインティングがしてあったり、ちょっとカフェのような雰囲気があります。

券売機|とんこつラーメン44

注文は店内にある券売機にて食券を購入します。

券売機のレイアウトもスッキリと整理され、メニューも決めやすく分かりやすいです。

初来店の方は、店外にあるメニューを確認してから入店されるとスムーズかと思います。

メニュー

メニュー|とんこつラーメン44

ラーメンは豚骨ラーメンのみで、トッピングが違う5種類で、替玉があるため、大盛などの設定はありません。

トッピングには、豚骨定番の葱やキクラゲなどが用意されています。

サイドメニューにはご飯やチャーシュー丼などで、餃子はありませんでした。

味変用として、「熊本行き」のマー油と、「銚子行き」の煮干し風の2種類が用意されていたのが、かなり気になりました。

炙りチャーシュー丼

炙りチャーシュー丼(中)|とんこつラーメン44

チャーシュー丼は、(大)、(中)、(小)の3種類があり、ご飯の量による違いのようです。

(中)を注文しましたが、けっこう多く感じるほどで、ラーメンと合わせるとけっこう満腹感がありました。

炙りチャーシュー丼(中)|とんこつラーメン44

チャーシューは切り落としと、ラーメンに入っているのと同様の切られた豚バラの2種類が入っています。

切り落としは炙られ、表面に焼き目が付き、香ばしさと独特の食感です。

味付けは甘めのタレですが、絶妙な味加減で、コッテリなラーメンと合わせても、美味しく頂ける味付けになっています。

スペシャル

スペシャル|とんこつラーメン44

5種類あるラーメンの中から、「全部のせ」のスペシャルを注文しました。

豚骨ラーメンではあるものの、見た目はキレイで、どこか上品にすら見えてしまいます。

きくらげ・ネギ|とんこつラーメン44

添えられているのは、豚骨定番の刻まれた青葱と、キクラゲです。

シンプルな具材ですが、どちらもちゃんと美味しく、丁寧に処理されています。

味玉|とんこつラーメン44

味玉はしっかりと出汁の風味を帯びつつ、バランスを崩すほどの味ではなく、黄身の半熟感も美味しいです。

「豚骨に味玉?」と思われがちですが、豚骨の本場である九州のラーメンには、ほぼオーソドックスなトッピングとなっています。

チャーシュー|とんこつラーメン44

チャーシューは豚バラ肉がつかわれ、脂身との配分も食べやすく、旨味を感じられます。

しっかりと味付けがしてあり、濃いめの色合いに仕上がっていますが、辛すぎず薄すぎず、良い塩梅です。

ホロホロとした柔らかめの食感でありながらも、ちゃんと肉っぽさの残る噛み心地です。

麺|とんこつラーメン44

麺は細めのストレート麺ですが、通常よりも若干太めで、時間の経過による伸びや、粉っぽさが抑えてあります。

ちゃんと豚骨に合う。豚骨に合わせた麺なのだということが分かります。

豚骨スープ|とんこつラーメン44

麺に合わせるのは、かなりクリーミーな泡系のスープです。

国産豚骨のみをつかい、3日間掛けられたスープは、豚骨の旨味を存分に感じることができ、舌触りも非常に滑らかです。

関東の豚骨ラーメンだと、合わせている醤油がどうしても強めになりがちですが、醤油は控え目で、しっかり、じっくりと豚骨の風味や旨味が伝わってきます。

替玉

替え玉|とんこつラーメン44

替玉は別皿によって提供され、通常のサイズと、半分のサイズの2種類があります。

基本は食券による注文ですが、お釣りが無ければ現金対応もしているようでした。

麺の固さ|とんこつラーメン44

麺の固さは5段階で設定されていますが、記載の無い「粉落とし」にも、ちゃんと対応してくれました。

あとがき

店舗のオープンは2023年。店名の「44」は、「フォーティフォー」と読むそうで、名前の由来は店主の名前からとのこと。(店舗公式の インスタアカウントに投稿されていました。)

こちらの44(フォーティフォー)さんは、本場九州にも負けず劣らずの味で、一体どこで修行されたのかが非常に気になるところです。

店主の方は豚骨ラーメン屋にありがちな寡黙な人ではなく、優しく良い人でしたw

埼玉の豚骨ラーメンといえば、熊谷の豚骨らーめん てっちゃん、伊奈町の博多長浜らーめん 楓神、所沢の特製ラーメン はせがわ博多らーめん ひまわりなどがありますが、間違いなくトップクラスの実力と言えるでしょう。

この記事を書いた人
 うまいもの大好き|食べ歩きブログ

サイト管理・編集をしているWEBデザイナー・ブロガーのうまいもの大好きです。

全国各地を年間200軒ほど食べ歩き、飲食店の魅力を発信・共有できればと思っています。

あわせて読みたい

埼玉県で食べ歩きしたお店の一覧
年間200軒以上を食べ歩く「うまいもの大好き」が、埼玉県で過去に食べ歩きしたお店をご紹介するページです。
埼玉県で食べ歩きしたお店の一覧

こちらもオススメ

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。※メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

グルメ雑誌の最新刊

dancyu
おとなの週末
東京カレンダー
食楽
umaimono daisuki All Rights Reserved.
ver 4.2.6