東京 人形町 清寿軒 東京 人形町 清寿軒|うまいもの大好き

東京 人形町 清寿軒

東京 人形町 清寿軒|うまいもの大好き

外観

東京 人形町 清寿軒|外観

お店は東京メトロ日比谷線の人形町駅と小伝馬町駅のちょうど中間ほどのビジネス街にあります。

外観は「本当に和菓子屋さん?」という感じなので近くまで来てやっとわかります。

どら焼きがある時間には看板が出ていますので見逃さないようにしてください。

店内

東京 人形町 清寿軒|店内

店内は販売のみで飲食スペースはありませんがどら焼きの皮を焼く香りが立ち込めています。

店舗向かって左から入店して、注文、お会計、どら焼きを待ちます。

東京 人形町 清寿軒|店内

ショーケースの中には羊羹や栗最中など和菓子屋さんらしいメニューが並んでいます。

清寿軒さんのホームページ に品書きがあるので参考にしてください。

どら焼き

東京 人形町 清寿軒|値段

清寿軒さんで人気のどら焼きは2種類あります。

一般的な普通のものが「大判どら焼き 250円」と餡がたくさん入った「小判どら焼き 230円」です。

残念ながらすでに大判どら焼きは売り切れでした( ;∀;)

包装紙

東京 人形町 清寿軒|包装紙

5個分けを2袋購入したので大きめの手提げ袋に入れてくれました。

10個単体だと箱のようでした。

東京 人形町 清寿軒|包装紙

5個の袋は茶色の紙袋でした。

老舗のお店の包装紙はどこもカッコイイです。

小判どら焼き

東京 人形町 清寿軒|小判どら焼き

「小判どら焼き 230円」です。

お皿は自宅に持ち帰ってからの撮影になります。

どら焼きは個別のビニール包装になっています。

東京 人形町 清寿軒|小判どら焼き

手に取った瞬間からズッシリと重みを感じる重量感です。

中から餡がはみ出た感じが迫力満点です。

餡は粒餡で小豆の粒を感じつつ舌でとろける餡です。美味い!!

東京 人形町 清寿軒|小判どら焼き

ズッシリと入った餡ですが北海道十勝産の小豆を吟味しているそうです。

砂糖は純粋な白ザラメを使っているのでキレイな甘さがありますけどあっという間に食べ切れてしまいます。

東京 人形町 清寿軒|小判どら焼き

皮は非常にシットリと空気の入り具合も良いです。

100%純粋なハチミツをしているのでほのかな甘味はありますがしつこさはありません。

レビュー

通っている会社から徒歩5分の好立地ですが3度行くも売り切れや財布を忘れてやっとのこと買うことができましたwww

食べログで見かけた時から心惹かれその迫力あるどら焼きに魅了されていました。

どら焼きの味はさすが人気の老舗店というのを十二分に感じさせてくれます。餡、皮ともにレベルは高く御三家にも引けをとりません。しかも独特の見た目、餡の量は他にはないオリジナルティを感じさせてくれます。今度は大判買いに来ようwww

「絶対!!!また来ます!!!」

東京 人形町 清寿軒 の詳細

  • 住所:東京都中央区日本橋堀留町1-4-16 ピーコス日本橋ビル1F
  • 営業時間:月〜金 9:00~17:00 土 9:00~12:00 (全てどら焼きが売り切れ次第営業終了)
  • 定休日:土曜午後・日曜・祝日
  • ※ 掲載している情報は記事投稿時のものになりますので、必ず御自身で御確認をお願い致します。

関連記事

トップページへ
umaimono daisuki All Rights Reserved.